再整備開始からわずか5年で、入園者数を3倍超に伸ばした公園がある。薩摩半島の南端に位置する「番所鼻(ばんどころばな)自然公園」(鹿児島県南九州市)。民間主導で1基の鐘のモニュメントを建立したことが、公民連携の持続的なパークマネジメントの実現につながり、現在も年間8万人が訪れる。民間のアイデアを活かした賑わいづくりの好例といえそうだ。

 人口約3万5000人の鹿児島県南九州市。薩摩半島の南端に位置する「番所鼻自然公園」には年間約8万人が訪れる(2018年推計)。民間のアイデアを活かした地道な再整備が実を結び、整備前の2010年には年間2万人程度だった来訪者が、2012年には年間7万人を達成したのである。

 急成長のきっかけは、埼玉県からのIターン移住者が2010年に地元NPOと建てた、1基の鐘のモニュメントだった。民間の努力に市と県も呼応し、公民両輪の公園再整備が始まった。現在も、両者で構成する「パークマネジメント会議」を通じて公園の運営について議論を続けており、連携はまもなく10年に及ぶ。

現在の番所鼻公園の展望広場(写真:萩原詩子)
[画像のクリックで拡大表示]

 番所鼻に、当時の頴娃(えい)町が自然公園を整備したのは1976年に遡る。そのときすでに、民間による2つの観光施設が開業していた。旅館「いせえび荘」(1966年開業)と宴会場「番所会館」(1972年開業)だ。いずれも町有地を賃借しており、番所鼻周辺には、最初から官民が混在している状態だった。1979年には「いせえび荘」が別館レストラン「竜宮苑」を開いており、1980年代には観光客で賑わった時期もあったらしい。

 2008年以前の観光統計は取られていないが、1980年代以降、番所鼻の観光開発は後退したようで、「番所会館」は2003年頃に廃業している。頴娃町は2007年に知覧町、川辺町と合併し、南九州市が発足した。

薩摩半島の南端に位置する南九州市。番所鼻自然公園のある旧・頴娃町は、砂蒸し風呂で知られる指宿温泉や武家屋敷が残る知覧といった観光地から車で30~40分ほどの距離だが、町外からの来訪客は少ない農業の町だった
[画像のクリックで拡大表示]

地域衰退の危機感から、住民がまちおこしNPOを設立

 南九州市発足と軌を一にして設立されたのが、NPO法人「頴娃おこそ会(以下、おこそ会)」だ。もとは頴娃町の商工会と町役場の職員が始めたまちおこし組織で、2005年に任意団体として結成した。旧頴娃町の人口は1950年の約2万9000人をピークに、合併時には半分以下の約1万4000人にまで落ち込んでおり、地域の存続に対する危機感は強かった。おこそ会設立時から13年間、理事長を務めたのは前出の「いせえび荘」社長で、頴娃観光協会会長だった西村正幸氏(2018年に逝去)だ。

 そして2010年、埼玉県から移住してきた加藤潤氏がおこそ会に加わる。加藤氏は、養殖家の実弟が番所鼻で開業したタツノオトシゴ養殖場を訪れた際、その景観に惚れ込んで移住を決めたという。加藤氏によって、養殖場は観光施設「タツノオトシゴハウス」に発展した。建物は「いせえび荘」所有の元別館「竜宮苑」を借りて改修したもので、家賃は格安の月1万円(当初)。つまり、西村氏と加藤氏は同じ番所鼻公園に拠点を置く、大家と店子の関係でもあった(*1)。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
観光養殖場タツノオトシゴハウス。築40年の建物を当初はほぼDIYで改修したという
いせえび荘フロントで。左が加藤潤氏、フロントに立っているのは西村正幸氏の後を継いでいせえび荘を運営する西村徹氏(写真:萩原詩子)
[画像のクリックで拡大表示]
*1 タツノオトシゴハウスの敷地は都市計画上の公園からは除外されている。

手弁当で建てた鐘が反響、市と県が再整備に乗り出す

 2010年当時の番所鼻公園は「木々や雑草が伸び放題で、せっかくの景観が活かされていなかった(加藤氏)」という。地元住人には日常の風景でも、新参の加藤氏には宝の持ち腐れに見えた。「タツノオトシゴハウス」の集客のためにも、もっと公園を盛り上げたい。

 加藤氏が西村氏に相談したところ、おこそ会と観光協会が公園の魅力向上に協力してくれることになった。ただし、資金は両会がやっと工面した25万円。この金額で何ができるのか。西村氏は「神社でも建てたら」と言ったというが、そこから着想したのがタツノオトシゴをモチーフにした“鐘”だった。

 海を挟んで開聞岳を正面に望む位置に、「吉鐘」と名付けた1基の鐘を建てる。来園者は自ずと眺望のよい場所に導かれ、そこで鐘を鳴らして幸運を祈る。タツノオトシゴは産卵時に雌雄が向かい合ってハート型を描くことから、恋愛成就に結び付けた。

 市に設置許可について問い合わせたところ、口頭で「問題ない」との回答を得た。資材調達・製作・設置はすべておこそ会が手弁当で行い、石碑はメンバーの石材店が当初無償で提供してくれたそうだ。

吉鐘。小銭を置いていく人が多かったため、のちに賽銭箱を設置。入金は公園の維持費に充てるルールだ。鐘の下で記念撮影できるよう、鐘の向かいに石造の「カメラ台」も設けている。2010年当初はカメラ用だったが、現在はスマートフォンも立てられるようになっている(写真:萩原詩子)
[画像のクリックで拡大表示]

 こうして2010年に建った吉鐘は、加藤氏たちが狙った以上の効果を生んだ。タツノオトシゴの恋愛祈願が話題を呼び、来園者が増え始めた。さらに、近くにある釜蓋神社とも連携し、2つの“パワースポット”を結ぶマップを作成したところ、地元紙が大きく取り上げてくれた。

[画像のクリックで拡大表示]
釜蓋神社。正式名称は「射楯兵主(いたてつわものぬし)神社」。頭に釜の蓋を載せて参拝するユニークな「釜蓋願掛け」が評判を呼び、全国ネットのテレビ番組でも紹介された(写真上:萩原詩子、写真下:頴娃おこそ会)
[画像のクリックで拡大表示]

 ちょうどこの頃、南九州市商工観光課は、県の「魅力ある観光地づくり事業」の対象となる候補地を探していた。当時、市でこの事業を担当していた濵崎洋光氏は何度か番所鼻公園を訪れ、おこそ会の活動を知る。「民間の活動があることも、事業採択の追い風になった」と濵崎氏は言う。鐘の建立から1年を待たずして県の補助金を得ることができた。公園に新しい展望広場約850m2と園路約220mが完成。事業費は約2200万円だった。おこそ会も、案内板の図案や説明文を用意するなど、ソフト面で尽力した。

整備前の番所鼻自然公園。2010年当時の公園には樹木が生い茂り、入り口から海が見えないような状態(写真:頴娃おこそ会)
[画像のクリックで拡大表示]
整備後の姿。県の補助により、東シナ海と開聞岳が見晴らせる広場が完成した(写真:頴娃おこそ会)
[画像のクリックで拡大表示]

新幹線開通や著名人の来訪が追い風に

 2011年3月には九州新幹線が鹿児島中央駅まで開通。番所鼻公園と釜蓋神社にも来訪者が急増した。この年、公園では記録を取っていないが、釜蓋神社は参拝客年間約8万人と推計している。前年の2010年は年間4万人だったので、倍増である。

 県は2011年度も引き続き番所鼻公園再整備を「魅力ある観光地づくり事業」に採択。新たな展望デッキの設置や広場の芝張りなどを進めた。

 2012年は番所鼻公園に追い風が吹いた年でもある。辰年効果で「タツノオトシゴハウス」を取り上げるメディアが急増。12年の元旦には1日で700人の来場者が詰めかけた。一方の釜蓋神社には女子サッカーの澤穂希選手と福元美穂選手が参拝に訪れたことが報道され、大きな反響を呼んだ。

 同じ年の5月、おこそ会は市の許可を得て、公園を舞台に「ばんどころ絶景祭り」を初開催。予算は自ら捻出した25万円で、近隣の商店にも呼びかけ、飲食の提供やガイド付きのウォーキングなど、来園者を飽きさせない工夫を凝らした。初回にもかかわらず、約2000人が詰めかけたという。以後、祭りは毎年恒例となり、今では3000人近くを集めるまでになっている。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
2019年のばんどころ絶景祭りのフライヤー(画像提供:頴娃おこそ会)

 2013年の正月、釜蓋神社は三が日だけで約1万9000人の参拝客を集めた。公園と神社の行き来を強化すれば、観光客の滞留時間も長くなる。おこそ会は公園と神社を結ぶウォーキングコースの整備を着想、ボランティアで草払いや道しるべの設置を始めた。この活動もまた、県が引き取り、海伝いに歩けるよう、約6521万円かけて岩礁に橋や階段を整備、愛称「シーホーウォーク」が完成した。2015年には県の「かごしま・人・まち・デザイン賞」景観づくり部門の大賞を受賞している。

シーホーウォークの地図(画像提供:頴娃おこそ会)
[画像のクリックで拡大表示]
番所鼻公園・釜蓋神社周辺をめぐる観光地づくりの経緯(頴娃おこそ会と南九州市、鹿児島県の取材を元に筆者作成)
[画像のクリックで拡大表示]

ボランティアによるサービス提供に限界

 長年のボランティアによる観光振興を通じて行政の信頼を得たおこそ会は、2015年度に県から正式に「持続可能な着地型観光地づくり事業」の業務委託を受ける。これにより、おこそ会初の専任スタッフとして福澤知香氏が鹿児島市から移住し、着任。公園の来訪者アンケートなどの観光調査に取り組んだ。

 来訪者から公園に対する要望の筆頭に挙げられたのは、カフェや売店、釣り具などのレンタル、案内所だった。いずれも、実現するには、誰かが公園に常駐してサービスを提供しなければならない。ボランティア頼みの番所鼻公園にとっては高いハードルだ。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
番所鼻公園観光調査の様子(写真提供:頴娃おこそ会)

 この間ずっと、おこそ会の観光プロジェクトリーダーとして取り組みを主導してきた前出の加藤氏は「早い段階から、公園にサービスの視点を持ち込む難しさを感じてきた」と語る。

 おこそ会では、来園者が公園で遊べるよう、さまざまなアイデアを出してきた。最初の吉鐘はもちろん、県が整備した「タイタニック広場」も「シーホーウォーク」もおこそ会の提案によるものだ。いずれも、施設を設置しさえすれば誰もが利用できる。しかし、来園者にサービスを提供しようとすると、一筋縄ではいかなくなる。

2012年3月に完成した「タイタニック広場」。ハート型の影が落ちる屋根の下に中央が少し凹んだベンチを置いている。2人で並んで座ると自然と寄り添う仕掛け。海に張り出す船の舳先のような展望デッキがある(写真提供:頴娃おこそ会)
[画像のクリックで拡大表示]

 「公園が少しずつ賑わってきた頃、週末にテントを出して地元名産のお茶をふるまい始めた。とはいえ、その都度テントを張るのは大変なので、小屋を建てたいと市に申し出たら、それは許可できない、と却下された」と加藤氏。公園を管理する立場からは、市の公園の中で、民間施設の設置をここだけ許可するわけにいかないということだったようだ。

 結局、市と県が協議し、公共事業として2014年に「おもてなし拠点」と呼ばれる小屋が設置された。「要望が聞き入れられたのはありがたかったが、設計は市が発注するので、使う我々の意見が届かなかった。これまでのところあまりうまく活用できておらず、残念に思っている」(加藤氏)

15年以上放置されていた公園内の廃墟の解体を市が決断

 番所鼻公園にはもう一つ、再整備以前に遡る大きな課題がある。冒頭で触れた「番所会館」の建物が、廃業後ずっと放置されたままになっていることだ。この廃墟は公園の入り口にあたる展望広場と「タツノオトシゴハウス」を結ぶ園路に建ちふさがり、公園の景観を著しく損なっている。

 前述の通り、番所会館は市有地(建設時は町有地)に建つ私有の建物だ。当初の土地賃貸契約では撤退時の原状復帰が義務付けられていたが、経営破綻した所有者に資力はなく、解体費を請求しても支払われる見込みは薄い。かといって、私有財産を公費で取り壊すわけにもいかない。加藤氏が行政に訴えても、はかばかしい反応は得られなかった。

 この番所会館問題と、公園におけるサービス提供の問題。これらを解決して公園の将来像を描くには、学識者のアドバイスが必要だと感じた加藤氏は、市長の推薦を得て、地域活性化センターの「全国地域リーダー養成塾」を受講する。その修了レポートで「公園に確たる責任者がおらず、番所鼻公園の向かうべき方向性が示されない」と指摘。公園を単に「管理」するのではなく「運営」する、パークマネジメントの必要性と、その実現に向けた公民連携を訴えた。

空回りする公園への想い:パークマネジメント会議で示した、公園を巡る関係者の立場(図版提供:加藤潤)
[画像のクリックで拡大表示]

 市は加藤氏のレポートを受け、番所鼻公園の運営手法を公民で検討するための制度設計を、おこそ会に業務委託した。業務の対象範囲は公園だけでなく、地域おこし協力隊の活用や、空き家再生、移住者雇用にも及んでいる。そのすべてを包括して「観光頴娃住プロジェクト」と銘打った。

 2016年、「観光頴娃住プロジェクト」は市の商工観光課・企画課・都市計画課の職員とおこそ会のメンバーとで全体会議3回、公園分科会4回を重ねた。その成果として、番所鼻公園のパークマネジメント方針を「遊べる公園」「稼げる公園」「地域と歩む公園」の3つに決定。これを踏まえ、17年3月に「番所鼻パークマネジメント会議」が発足する。市長の要請を受け、この会議で番所会館問題についても検討することになった。

 パークマネジメント会議は、議論と併行して隣県宮崎の「青島ビーチパーク」を視察するなど、他地域の事例も研究した。1年間の検討を経て、17年末にひとまずの結論を出す。「番所会館を撤去して更地にし、仮設店舗で来園者にサービスを提供してはどうか」という提案だ。番所会館は海に面した好立地にあり、撤去すれば、園路沿いに眺めのいい広場ができる。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
使われずに放置されている番所会館と、撤去した場合の予想図(写真提供:頴娃おこそ会)

 仮設にこだわる理由を、加藤氏は次のように説明する。「番所会館問題やおもてなし拠点の経験で、サービス施設を常設する難しさを知った。新しく何かを建てるより、キッチンカーやトレーラーハウスが置けるスペースをつくって、多くの人に参画してもらえる体制をつくりたい。移動できる設備なら、台風対策も難しくない」

 この提案を受け、市は2018年6月に解体方針を決定。8月には頴娃地域の5団体も改めて市に要望書を提出し、9月議会で解体に向けた市有地明け渡し請求の訴訟予算が承認された。

カフェと一体のデッキ完成、廃墟解体にはクラウドファンディングも

 2018年5月、園内に新しい施設が完成した。先代の西村正幸氏から「いせえび荘」を引き継いだ西村徹氏、要氏兄弟の働きかけによる木製デッキだ。「いせえび荘」内に新設した「ABカフェ」に面しており、来園者はカフェで購入したドリンクや軽食をデッキで楽しむことができる。カフェを利用しない人も、自由に使える。番所鼻公園にようやく、常時飲食サービスが提供できる場ができた。

木立を活かして設置された「みんなのデッキ」。ベンチやテーブルがあり、WI-FIも使える(写真:萩原詩子)
[画像のクリックで拡大表示]
「みんなのデッキ」のカフェは西村要氏の妻、貴子氏(左)が運営する。右はスタッフでブロガーとしても活躍する福島花咲里氏。2019年6月に県内他地域から移住してきたばかりだ(写真:萩原詩子)
[画像のクリックで拡大表示]

 西村氏兄弟もパークマネジメント会議に参加しており、市有地で県の保安林でもあるという難しい条件をクリアして設置許可を取り付けた。設置費用は県産材活用の補助金を活用しならが「いせえび荘」が負担し、市に土地の使用料として年額約1万円を支払っている。

 2019年7月、市はふるさと納税の仕組みを利用して、番所会館の解体撤去費用の一部を広くクラウドファンディングにより集め始めた。市ふるさと振興室の上野晋作氏はクラウドファンディングの狙いについて次のように説明する。

 「公金の支出を少しでも減らしたいという理由のほかに、クラウドファンディングを通じて、解体後の公園に継続的にかかわる人、関心を持つ人を増やしたいと考えている」

 市は解体費用を約5100万円と試算しており、約1割の500万円をクラウドファンディングの目標金額に設定している。目標金額に達しなかった場合は、市が不足分を負担して解体を実行する。2019年中には解体を済ませる計画だ。

 解体後の活用についても、8月から隔週日曜日にキッチンカーを営業する実証実験を行っている。2010年に始まった公民連携による番所鼻公園再整備は、10年を経て、また新たなフェーズを迎えている。

市では、番所会館の解体撤去費用の一部をふるさと納税の仕組みを利用したクラウドファンディングで集めることにした。トラストバンク(東京都目黒区)のサービス「ガバメントクラウドファンディング」を利用している
キッチンカーによる実証実験の様子(写真提供:頴娃おこそ会)
[画像のクリックで拡大表示]

この記事のURL https://project.nikkeibp.co.jp/atclppp/PPP/434167/090200117/