「健康寿命の延伸」のため、住民の生活習慣の改善に取り組む自治体が増えている。先行する自治体の一つとして知られるのが長野県だ。2014年6月から、「しあわせ健康県」づくりを進めるため、しあわせな暮らしの基礎となる県民の健康増進を図る運動「信州ACE(エース)プロジェクト」に取り組んでいる。

 2017年12月、厚生労働省が発表した2015年の都道府県別平均寿命で話題になったのが、長野県男性の首位陥落だ。過去5回連続1位だった平均寿命が2位に下がったのである(女性は87.675歳で2回連続1位)。県の男性の平均寿命は、5年おきに行われるこの調査で1990年から5回連続で首位だったため、「30年ぶりの首位陥落」と騒がれた。とはいえ、現在の長野県が力をいれているのは、平均寿命よりもむしろ健康寿命(介護などを必要とせず自立した生活を過ごせる期間)の延伸だ。

 長野県は、平均寿命の長さは47都道府県でも最上位クラスなのに対して、健康寿命は中位クラスだ。厚生労働省の推計によると、2016年の長野県の健康寿命は、男性が72.11歳、女性が74.72歳。全国平均(男性72.14歳、女性74.79歳)をやや下回る。都道府県別の順位を見てみると、男性は20位、女性は27位だ。

 では、健康年齢をアップさせるにはどうしたらよいのか。長野県では、県民の死因などのデータを探った。すると、脳卒中死亡が男女とも全国平均より高いことが分かった。この点に着目し、高血圧、肥満や糖尿病などの予防を喫緊の課題に掲げて誕生したのが、世界一の健康長寿を目指す「信州ACE(エース)プロジェクト」(以下、ACEプロジェクト)だ。2014年6月にスタートした。

(資料:長野県)
[画像のクリックで拡大表示]
世界一の健康長寿を目指す「信州ACE(エース)プロジェクト」のウェブサイト