「メガソーラービジネス」2020年9月24日付の記事より

城下町にマイクログリッド

 北海道の最南端に位置する松前町は、道内で唯一の城下町、そして、サクラの名所として知られる。津軽海峡から日本海を望む松前城を中心に、国道228号線沿いに市街地が広がり、漁業・水産業を中心に約7000人が暮らしている(図1)。

図1●国道から見た松前城天守閣と、周辺に広がる松前町の街並み
(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]

 道内でも温暖で長い歴史を持つものの、全国の多くの市町村がそうであるように、この町でも過疎化が進んでおり、町民はピークの約2万人から減少が続いている。

 今年7月、 松前町と東急不動産は、「マイクログリッド」構築に向けたマスタープラン作成事業に着手する、と発表した。マイクログリッドとは、一般送配電事業者の電力系統から独立し、自立した分散電源から電気を供給するシステムだ。

 松前町のマイクログリッド計画では、災害時など北海道電力ネットワーク(北電から2020年4月に分離した一般送配電会社)の系統が停電に陥った際、東急不動産が同町に保有する出力約41MWの風力発電所と、定格出力18MW・容量約130MWhの大型蓄電池を電源に、町内全域に電気を供給することを想定している。

 災害時に自立して電力を供給できるマイクログリッドとしては、宮城県東松島市や千葉県睦沢町などで先行事例があるが、いずれも限られた街区に限定されたもので、主力電源はエンジン発電機を使っている。町全体、数千人規模を対象に、しかも全量再生可能エネルギーで賄うマイクログリッドは例を見ない。世界的に見ても画期的な試みになる。

 実は、これに先立つ2019年12月、両者は、松前町における風力発電事業の推進と地域活性化、防災基盤の整備に向けて連携していくことに関し、協定書を締結していた(図2)。

図2●松前町と東急不動産は、地域活性化で協定を締結した
(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]

 協定で挙げられた提携事項は、(1)災害時に風力発電所の電気を使用できる仕組みづくり、(2)松前町の定着人口と観光客を増加させるための観光資源や産業の育成、(3)地域資源を生かした活性化と松前町の魅力を発信、(4)地方創生と地方再生に資する社会基盤の協力――などとなっている。

 今年7月に公表した「マイクログリッド構想」はこの提携の一環で、町に恵まれた「風」を資源に、大規模な風力発電、それを電源にマイクログリッドを構築することで、クリーンで安全、安心な街作りにより、既存産業の活性化や地域振興の推進を目指している。