コスモスイニシアは、茨城県笠間市の公共宿泊施設をリノベーション、アウトドアリゾート「ETOWA KASAMA(エトワ笠間)」として2020年7月18日に開業した。開業以来、9月までほぼ満室が続くなど人気を博している。市としては、老朽化し、利用客が減少していた施設を、民間の資金・ノウハウで再生させた形だ。リノベーションの要点や今後の展望について、両者に話を聞いた。

 笠間市とコスモスイニシアの公民連携で開業した「ETOWA KASAMA(エトワ笠間)」があるのは、JR常磐線・岩間駅から車で10分の愛宕山の山頂付近。観光スポット「あたご天狗の森」の西側の一角。10棟のログハウスと6基のグランピング用テント、管理棟(ログハウス)、アウトドアバー、たき火施設、バーベキュー施設、駐車場などで構成されている。名前の由来は「会話」。「会(エ)と話(ワ)」のある施設を目指した。

愛宕山の山頂付近からの眺望が楽しめる「SKY CABIN」(写真:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]
グランピング用テント「GRACE TENT」が建ち並ぶエリア。デッキの高さを少しずつ変えて、利用者がテントを出た際に利用者同士の視線が交わらないようにしている(写真:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]

 事業期間は10年。市とコスモスイニシアは2019年12月に公有財産賃貸借契約を結んだ。施設は指定管理料などが発生しない独立採算制で、リノベーション費用もコスモスイニシアが全額を負担した(金額非公表)。ただし、貯水槽などの一部インフラはリノベーション工事前に市が修繕した。

 リノベーション前は「あたご天狗の森スカイロッジ」の施設名で、笠間観光協会が指定管理者として、ログハウスとバーベキュー広場を管理・運営していた。なお、笠間観光協会は現在もETOWA KASAMAを除くあたご天狗の森全体の指定管理者である。

 リノベーションの要点は、土地の有効利用や、「非日常」性の演出だ。リノベーション後の主要ターゲットに据えた「都心に暮らす20代、30代女性」の感性に合う内外装などをデザインした。客室数は16室。内訳は、SKY CABIN(定員4人):4棟、FOREST CABIN(定員6人):4棟、SUITE CABIN(定員6人):2棟、グランピング用テントGRACE TENT(定員3人):6基となっている。

ETOWA KASAMA(エトワ笠間)の施設配置(同施設のパンフレットより)
[画像のクリックで拡大表示]

 リノべーション工事では、従来は駐車場だったスペースの半分を使ってグランピング用テント「GRACE TENT」6基を新たに設置した。リノベーションしたキャビン1棟当たりの収容人数をリノベーション前より少なくしたことや、若い世代を中心にクルマ離れが進んでいることもあり、駐車場は半分に減らしても必要量を確保できるという計算だ。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
テントの中は十分な広さがあり、冷暖房も完備している。内装は北欧風。開業前にはインスタグラマーを招待してSNSでの広報にも努めた(写真:2点とも赤坂 麻実)
夜間はほどよくライトアップ。テントは北欧発のアウトドア用品ブランド「ノルディスク」のもの(写真:コスモスイニシア)
[画像のクリックで拡大表示]