「メガソーラービジネス」2019年9月17日付の記事より

“ウルトラマン空港”の新名所

 別名「ウルトラマン空港」とも呼ばれる福島県の空の玄関・福島空港。同空港のある須賀川市は、ウルトラマンの生みの親、円谷英二の出身地であることから、空港内にはウルトラマンの立像や大型パネルなどを常設展示している。

 加えて、同空港には、ウルトラマンと並ぶ、「名物」がある。2014年4月に稼働した「福島空港メガソーラー」だ(図1)。出力1.2MWの規模で、福島県などの出資する福島発電(福島市)が主体となり、県内の官民から資金を集めて建設した。

図1●2014年4月に稼働した「福島空港メガソーラー」
(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]

 固定価格買取制度(FIT)がスタートして以降、国内の空港では、敷地内の遊休地を生かしてメガソーラー(大規模太陽光発電所)を建設する動きが目立っている。福島空港メガソーラーもその1つだが、規模的には長崎空港の30MWなど、さらに大きなサイトもある。

 「福島空港メガソーラー」が特徴的なのは、国内外30社の太陽光パネルと、5タイプの架台を設置したことだ。パネルを納入した企業の国籍は、日本、中国、台湾、米国、韓国、カナダ、ドイツ、インド、ノルウェー、スペインと10カ国・地域になる(メーカー名は、「施設の概要」を参照)。現在、最も普及している結晶シリコン型のほか、非晶質(アモルファス)シリコン型と化合物半導体型の薄膜タイプも含まれる。

 架台システムは、国内太陽光発電所で採用の多い鋼製とアルミニウム製に加え、FRP(繊維強化プラスチック)製と木製も導入した。また、設置後に傾斜角を変えられる可動型タイプと太陽の動きを追尾する2軸式自動追尾タイプも設置した。

 1つのサイトで、これだけの種類の太陽光パネルと架台システムを見られるのは世界的にも珍しい。こうした仕様にしたのは、福島県のエネルギー政策が背景にある。