「Beyond Health」2019年10月25日付の記事より

横浜市(神奈川県)が、TikTokと組んだ乳がん啓発プロジェクトに乗りだした。堅いイメージのある自治体と、若者世代を中心に世界中で高い人気を誇るショートムービープラットフォームという異色のコラボレーションだ。そこには、「楽しみながら自然に医療の話題に接してほしい」との切実な思いがあった――。

 乳がんは、早期発見により治癒する可能性が高まる。一方で、罹患率が上昇する40~50代の女性は家庭や仕事で多忙な時期を過ごしており、どうしても検診への足が遠のいてしまっているのが実情だ。

 横浜市では無料の乳がんの検診クーポンをダイレクトメールで送付するなど、より直接的な働きかけを行ってきた。それでも検診率が低いままとの現状があり、頭を悩ませていたという。そこで繰り出した新たな策が、TikTokとのコラボによる「#胸キュンチェック」と呼ぶプロジェクトだ。

左から、横浜市 副市長の荒木田百合氏、オリジナルダンスを担当したモデルのサラ・コールディ氏、TikTokを運営するByteDance 執行役員 公共政策本部長 山口琢也氏(写真:小口 正貴、以下同)
[画像のクリックで拡大表示]

 このプロジェクトへの思いを、福祉分野を担当する横浜市 副市長の荒木田百合氏は次のように語る。

「今回、より医療を身近に感じてもらうためにTikTokと連携協定を結んだ。ダンスして楽しみながら自然と医療の話題に接して、関心を持ってもらいたい。医療分野に限らず、TikTokとの連携協定は自治体では全国初。まずはTikTokを使ったオリジナルダンス、楽曲を用いた乳がんに関する啓発プロジェクトをスタートする。毎年10月の乳がん月間にあわせ、少しでも多くの人にダンスを見てもらい、乳がんへの関心を促進していく」。

 現在TikTokは世界150カ国まで拡大しており、日本に進出してちょうど2年を迎えた。これまでに数多のメディアや企業とコラボを重ねてきたが、最近ではCSR活動の一環として「TikTok for Good」を開始したり、国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)と提携してグローバルハッシュタグチャレンジを展開したりするなど、社会貢献にも力を入れている。

 TikTokを運営するByteDance 執行役員 公共政策本部長 山口琢也氏は連携の経緯について、「日本の社会課題にきちんとコミットしていきたいというTikTokの思いにも合致する。TikTokとしてぜひ協力したいと考えた」と説明する。非常に強い伝播力がTikTokの持ち味だとし、「行政機関、さらに医療の広報という難しい分野にTikTokで掛け算しながら貢献したい」(同氏)。