今春から3年間、姫路城の管理運営業務を、旅行業大手、KNT-CTホールディングスグループの近畿日本ツーリスト関西が担っている。委託した姫路市が期待するのは、外国人観光客を見据えた集客の強化と、場内のきめ細やかな案内業務だ。同社は、多国言語による案内業務の充実などを図るだけでなく、イベントとからめて周辺地域を巻き込む魅力づくりにも挑む。

 世界遺産でもある国宝・姫路城に2018年7月、バーチャル・リアリティ(VR)を用いた観光者向けのサービスが登場した。紙製でゴーグル型の「姫路城VRスコープ」の販売(税込み800円)だ。

 スマートフォンに専用アプリをインストールして、VRスコープの説明書に記載されたQRコードを読み込む。紙製のVRスコープにスマホを差し込んで覗くと、再生される立体動画を楽しめる。今年度は、桜の季節の風景やドローン撮影した天空からの見下ろし、通常は非公開の空間を360度カメラでとらえた映像などを用意している。

姫路城VRスコープの看板が置かれた姫路城の入場口(写真:守山 久子)
[画像のクリックで拡大表示]
姫路城VRスコープの画像。上空からの見下ろした姫路城(資料:近畿日本ツーリスト関西)
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
姫路城VRスコープの画像。左は満開の桜に囲まれた姫路城、右は360度カメラで撮影した室内(資料:近畿日本ツーリスト関西)

 サービスを提供する近畿日本ツーリスト関西(KNT関西)は、2018年3月1日から2021年2月28日まで3年間にわたる姫路城の管理運営業務を受託した。VRスコープは姫路市が事業者募集のプロポーザル時に求めた自主事業の目玉となる取り組みで、凸版印刷が開発したストリートミュージアムアプリを利用した。「観光客が知らない姫路城の本来の魅力を伝えていきたい」と、近畿日本ツーリスト関西の細川比呂志・関西地域交流部長は意気込む。

インバウンド対応などを重視し指定管理者を選定

 白い優美な天守閣で知られる姫路城は、国内の城のなかでも特別な存在の1つだ。天守が現存する12城の1つで、松本城、犬山城、彦根城、松江城とともに天守や櫓が国宝に指定されている。1993年12月には、奈良県の「法隆寺地域の仏教建造物」と同時に国内で初めてユネスコ世界遺産(文化遺産)として登録された。2009年10月から2015年3月にかけて平成の大修理を行い、より白くなった姿が話題を呼んだことは記憶に新しい。

姫路城の天守。城の中心部が有料ゾーン。JR姫路駅側の大手門から三の丸広場まわりの城の外周部は24時間無料で開放している(写真:守山 久子)
[画像のクリックで拡大表示]

 姫路市は、修理後の「グランドオープン」を機に、見学客に対する管理運営業務の委託方法を変更した。以前は、入場チケットの改札や事務補助といった業務別に委託していたが、事業者によって休みが異なるなど管理が複雑だった。そこでグランドオープン後は改札、場内の案内・誘導、管理事務所での電話対応、これらの業務を担う約50人のスタッフの雇用と配置、教育をまとめて委託することにした。

 姫路城は国の所有で、姫路市は国から管理を委託された立場にある。そのため、指定管理者制度は活用できず、一部の業務を民間に委ねる形を取っている。市自身が城を所有などし、指定管理者制度を導入している松江城や大阪城との違いだ。

 グランドオープン直後の3年間、管理運営業務を担ったのは商業施設、PR施設などの空間プロデュース、ディスプレー大手の乃村工藝社。大修理中に作業見学施設の企画運営を手掛け、グランドオープン後は現存しない建物の復元CGなどを見られるAR(拡張現実)サービス「姫路城大発見」を導入した。ウェブサイト「姫路城大入り実況」では、ライブカメラを用いて入り口の待ち時間や駐車場の空き状況を中継する仕組みを取り入れた。

 続く3年の委託者を決める2017年12月の公募型プロポーザルに際し、姫路市は、集客とインバウンド対応を新たな目標に据えた。背景にあるのは、入場者数の変化だ。大修理を終えてグランドオープンした2015年は大きな話題となり、入場者は過去最多の286万人を記録。大修理直前の駆け込みで入場者が急増した2009年の156万人と比べても1.8倍もの人数が姫路城を訪れた。その後は大修理前のピークである2009年より多い入場者数は保ちつつ16年211万人、17年182万人へ漸減している。

 「入場者数の減少傾向に伴い、管理運営上のテーマをグランドオープン当初の『混雑対策』から『集客』へと移した。鍵を握るのは、増えている外国人観光客への対応強化だ。外国人の比率は、2016年に全体の17%だったのが直近の3カ月(2018年6月~8月)には23.6%までに増えている」と、姫路城管理事務所の春井浩和副所長は現状を話す。そこでプロポーザルでは、来場者を楽しませ、リピーターを増やすための自主事業や外国人客への対応強化への提案を求めた。業務には、来城予定者用のウェブサイト刷新も含む。

2005年以降の姫路城の来城者数の推移。大修理に入って46万人まで落ち込んだ後は少しずつ盛り返し、グランドオープンで一気に286万人へと増加。その後の2年間は減少しているが、外国人観光客はこの3年間30万人以上をキープ(資料:姫路市の資料をもとに作成)
[画像のクリックで拡大表示]
姫路城管理事務所の春井浩和副所長(写真:日経BP総研)
[画像のクリックで拡大表示]