愛知県岡崎市は現在、乙川リバーフロント地区の整備が2015年にスタートしたのを機に、公民連携による「まちづくりデザイン事業」(通称:おとがわプロジェクト)を急ピッチで進める。

「wagamama house」の内観(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

リバーフロント整備をきっかけに
コンテンツの充実を急ピッチで

左手の建物に「wagamama house」が入る。月2回の朝市が立つ「二七市通り」に面する家具店だった場所をリノベーションして使っている(写真:日経アーキテクチュア)
[画像のクリックで拡大表示]

 集まる人材、都市戦略の持ち方などの面で、おとがわプロジェクトは注目に値する動きになっている。民間主導の公民連携プロジェクトとして先行事例となる岩手県紫波町の「オガール」などに学び、さらに、その発展形を探ろうとするものだ。

 一連の動きの中では、地元のNPO法人岡崎まち育てセンター・りたの山田高広氏と天野裕氏が大きな役割を果たしている。山田氏らが着目したのが、現在「リノベーションまちづくり」と総称される中にある、リノベーションスクールや、まちのトレジャーハンティングといった、遊休不動産や公共空間などの地域資源を利活用するための実践型の講座プログラムだ。

 おとがわプロジェクトの上位に位置付けられる乙川リバーフロント地区整備計画には、5カ年事業の区切りがある。地区面積137.6ヘクタールを対象とし、総事業費99億7000万円を見込む巨大開発として進む。

 それとは対照的ながら、16年10月、プロジェクトを象徴する小さな拠点「wagamama house(わがママ ハウス)」が生まれた。16年2月の第1回リノベーションスクール@岡崎の際の受講生の提案を、山田氏が設立した家守会社「三河家守舎」がプロデュースして練り直し、実現に導いた。子育て中の主婦(ママ)たちの働く場とするため、その主婦たちがオーナーシップを維持しつつ、過大とならない負担で参画できる事業スキームを考案。また工事費を抑えるため、地域を巻き込みながら全国を移り住んできた集団のパーリー建築がセルフリノベーションに関わり、小中学生なども参加して一部の工程を担った。

主婦の起業ニーズに応える

 wagamama houseの1階には、惣菜店「hokurani food(ホクラニ フード)」と菓子工房「SAPON(サポン)」が入居している。前者ではスクールの受講生(提案者)で、元は市内のぶどう農家で働き、後に料理教室の主宰を始めている中根利枝氏が店主を務める。

 フロア面積に余裕のあるビルのため、ポップアップビジネス(移動式の屋台などを使って期間限定で出店するビジネス)の担い手に対し、料理の仕込み用に一部レンタルするなどの増収策も取っている。利用者自体にも、将来の起業を思い描く主婦が多く、広く巻き込んでシェアビジネスの場として育てる方向にある。