神戸電鉄・鈴蘭台駅と直結した公民連携による再開発施設「BELLST(ベルスト)鈴蘭台・北区役所」。商業店舗と神戸市北区役所が入居している地上7階建てのビルだ。神戸市は、特定建築者として施設整備をすることを前提とした「事業協力者」を募集し、計画の初期段階から民間の知恵を導入することで、身の丈に合った複合施設を整備した。

 2018年9月にオープンした「BELLST(ベルスト)鈴蘭台・北区役所」は、神戸電鉄・鈴蘭台駅と直結した公民連携による再開発施設だ。1階から3階には商業店舗を中心とした民間施設が、4階から7階には神戸市北区役所が入居している。再開発ビルと駅前広場、周辺道路を一体的に整備し、3階は駅と、1階はバス・タクシーの発着所と接続している。駅舎は神戸電鉄がこの事業と並行して整備した。2020年3月には広場などの外構部も完成し、グランドオープンとなる。

9月上旬時点の外観。再開発ビルは昨年9月にオープンしている。駅前広場は工事中だ(写真:日経BP総研)
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
全体の完成イメージと配置図(資料:神戸市)
エスカレーターを4階に上がると北区役所入り口だ(写真:日経BP総研)
[画像のクリックで拡大表示]
鈴蘭台駅改札を出ると、「BELLST鈴蘭台・北区役所」3階と直結している(写真:日経BP総研)
[画像のクリックで拡大表示]
「BELLST鈴蘭台・北区役所」施設概要
【事業名称】鈴蘭台駅前地区第二種市街地再開発事業
【所在地】兵庫県神戸市北区鈴蘭台北町1丁目
【敷地面積】約4470m2(交通広場のピロティ部分約1300m2を含む)
【建築面積】約3720m2
【延床面積】約2万1820m2
【構造・規模】鉄骨造7階建て
【用途】商業・業務施設(1階~3階)、公益施設(4階~7階・北区役所)、駐車場
【駐車場台数】119台【大型バイク台数】15台【駐輪場台数】96台
【総事業費】157億円(神戸市所管事業含む)
再開発ビルと周辺の東西断面図。神戸電鉄の鈴蘭台駅舎を橋上化し、再開発ビルの3階と直結(資料:神戸市)
[画像のクリックで拡大表示]

 神戸市では、特定建築者制度を適用して施設整備を行った。この制度は、再開発事業において施行者(今回は神戸市)が自ら行うことが原則の施設建築を、公募した民間事業者に任せるというものだ。特定建築者には大和リースが選定されている。神戸市で第二種再開発事業に適用した特定建築者制度において、外郭団体ではなく民間事業者が担い手になったのはこの事業が初めてとなる。

 特定建築者制度を適用した背景を、神戸市都市局市街地整備部都市整備課の小渕康宏・鈴蘭台整備担当課長は次のように説明する。「ビルの最適な設計やテナントの誘致、にぎわいを生む仕掛けなどで民間の力を借りる必要があった。特に、再開発ビルの保留床の処分(売却など)は、市が不得手とする部分でもある。民間事業者が蓄えてきた知見やノウハウをぜひ利用したいところだった。一方で、用地の買収は民間よりも市が行うほうがスムーズだ。市で用地を買収して更地にした上で民間に任せるのが理に適ったやり方だと考えた」。

 「タイミングもよかった」と小渕氏は続ける。再開発の機運は、1995年の阪神・淡路大震災から数年が経ち、復興のメドがついた頃に高まった。時を同じくして1999年、都市再開発法の改正で、特定建築者制度が保留床のみの建物だけでなく、権利床を含む建物にも適用できるようになった。この事業でいえば、再開発区域の既存店舗などを再開発ビルに集積すると共に、その共同化ビルに特定建築者(民間)のノウハウを活用することが可能になったのである。