「メガソーラービジネス」2019年10月15日付の記事より

農業地帯に1MWのパネル

 熊本県北部に位置する合志(こうし)市は、近年、熊本市のベットタウンとして新市街地が開発されて人口が増える一方、北部は、阿蘇山の火山灰が降り積もった「黒ボク」と呼ばれる腐植土に覆われ、農業や畜産業も盛んだ。

 なかでも合志川の南側エリアは、県内有数の穀倉地帯になっており、広大な農地が広がる。そんな田畑に囲まれた一角に、出力約1MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)「合志農業活力プロジェクト太陽光発電所」がある(図1)。

図1●田園地帯にある「合志農業活力プロジェクト太陽光発電所」
(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]

 2014年3月に稼働し、固定価格買取制度(FIT)を利用して、36円/kWhで売電している。カナディアン・ソーラー製の太陽光パネル3920枚を、南北方向1本脚のシンプルな杭基礎で設置した。基礎・架台システムは独シュレッター製、パワーコンディショナー(PCS)は、東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製を採用した。

 いまでこそ、南北1本脚の杭基礎が増えているものの、FITが始まって間もない当時、安定感のある「南北2本脚」が主流で、不安定なイメージのある「1本脚」の杭基礎は珍しかった。こうした先駆的なメガソーラー設計を採用したのは、EPC(設計・調達・施工)をドイツ企業と日本企業の合弁であるjuwi自然電力(東京都文京区)が担ったからだ。

 メガソーラーのEPCサービスで世界的に実績の多いドイツ・juwi(ユーイ)の設計ノウハウを活用し、地耐力などを入念に調査した上で施工した。稼働から5年半、その間、勢力の強い台風や大きな地震も経験したが、今のところまったく問題ないという(図2)。

図2●独シュレッター製の南北方向1本脚の杭基礎を採用した
(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]

 ただ、周辺で農業や畜産業が盛んなこともあり、パネル表面の汚れが目立つという。そこで、昨年10月に全パネルを清掃した。事前に一部を試験的に清掃し、約5%の発電量の増加効果があり、費用対効果が期待できることから実施した。タンクに水を入れてサイトに運び込み、柔らかいモップで表面を洗い流していったという(図3)。

図3●カナディアン・ソーラー製のパネル、東芝三菱電機産業システム(TMEIC)製のPCSを採用した
(出所:日経BP)
[画像のクリックで拡大表示]