都市再生推進法人の二子玉川エリアマネジメンツが、2021年10月から11月にかけて多摩川の河川敷でアウトドアオフィスの社会実験を行った。河川空間オープン化の指定を受けた試みは、コロナ禍でクローズアップされた「自由な働き方」の提案にもつながる。河川敷活用のプロジェクト「Mizube Fun Base(ミズベファンベース)」の一環だ。

 東急電鉄田園都市線二子玉川駅を降りて5分ほど歩くと、一級河川・多摩川の河川敷にたどり着く。2021年秋の午後、この河川敷の一画に仮設のアウトドアオフィスが登場した。ここでは、焚き火を囲んでミーティングができる。暮れなずむ広い空と、川を吹き抜ける風、火のはぜる音。屋内の会議室とは一線を画した風景がここにはそろっている。

アウトドアオフィスの様子。焚き火を囲んでのミーティング風景。取材日は新しい水辺の活用の可能性を切り開くための官民一体協働プロジェクト「ミズベリング」の事務局メンバーが集まり、オンライン参加者も含めて定例会議を実施していた(写真:日経BP 総合研究所)
アウトドアオフィスの様子。焚き火を囲んでのミーティング風景。取材日は新しい水辺の活用の可能性を切り開くための官民一体協働プロジェクト「ミズベリング」の事務局メンバーが集まり、オンライン参加者も含めて定例会議を実施していた(写真:日経BP 総合研究所)
[画像のクリックで拡大表示]

 アウトドアオフィスは、都市再生推進法人の二子玉川エリアマネジメンツ(東京・世田谷)が2021年7月から11月まで実施した社会実験のまちづくりプロジェクト「Mizube Fun Base(ミズベファンベース)」の第3弾*になる。アウトドアオフィスの実施期間は、2021年10月から11月末まで。河川敷では焚き火を行うことに主眼を置くため、開設時間は平日の15 時から17時までの2時間に設定している。焚き火を囲む丸いテーブルのほか、通常の会議用の長方形のテーブル席も用意している。

「Mizube Fun Base」の実施場所(資料:二子玉川エリアマネジメンツ)
「Mizube Fun Base」の実施場所(資料:二子玉川エリアマネジメンツ)
[画像のクリックで拡大表示]
アウトドアオフィス利用者は焚き火に使う薪割り体験もできる(写真:日経BP 総合研究所)
アウトドアオフィス利用者は焚き火に使う薪割り体験もできる(写真:日経BP 総合研究所)
[画像のクリックで拡大表示]
長方形のテーブル席も用意。「ミズベリング」事務局メンバーはまずはこちらで会議をしてから焚き火会議へと移っていった(写真:日経BP 総合研究所)
長方形のテーブル席も用意。「ミズベリング」事務局メンバーはまずはこちらで会議をしてから焚き火会議へと移っていった(写真:日経BP 総合研究所)
[画像のクリックで拡大表示]

 アウトドアオフィスを企画運営する二子玉川エリアマネジメンツは、地域で公民連携のまちづくりを進める一般社団法人だ。地元の町会、東急、玉川高島屋ショッピングセンターを運営する東神開発で構成。2015年4月の設立以降(法人化は2019年1月)、アドバイザーの世田谷区と連携して二子玉川駅周辺地域で持続的なまちづくりを目指した活動を進めてきた。2020年2月には世田谷区から都市再生推進法人の指定を受けている。

 「焚き火には人を惹きつける魅力がある。一緒に火を囲んでいると心がほぐれ、同じ場を共有する人たちの間に会話が生まれる。コロナ禍で会社や大学で直接的なコミュニケーションを取りにくい状況のなか、対面の良さを生かした柔軟な働き方に対する提案になればいいと考えた」――。二子玉川エリアマネジメンツ事務局の内野洋介氏は狙いを話す。

 利用の予約が入るごとに事務局のスタッフ3人が現場に入り、座席や焚き火の設営から会議時の対応、利用者アンケートの配布と回収、撤収までを担う。利用料は5人までの1セットで税込み8000円とし、2セットまで対応する。得た収益は、河川・公園空間の環境整備費用に還元していく。11月半ば時点では、会期中に9日分の予約が入っていた。

* 第1弾としてフードトラックによる飲食サービス、第2弾として利用者の企画した催事などを実施する「スペースレンタル」を実施した。