大型商業施設の撤退でさびれてきていた長野県佐久市のJR中込駅前に、昨年4月、地元の社会医療法人恵仁会くろさわ病院が新築移転した。「まちづくりに貢献したい」という理事長の熱意に佐久市や地元の商工団体も協力。公民館の併設や院内のレストラン・売店の運営などで、連携して中込地区を活性化しようとしている。民間病院に自治体の公民館が入居する例は全国初だという。

2017年4月にJR小海線中込駅前に新築移転した「くろさわ病院」。高齢者施設や公民館を併設している(写真:井上俊明・特記以外すべて)
[画像のクリックで拡大表示]

 まだ新しい、くろさわ病院の建物には3つの入り口がある。同病院は83床のベッドを持つ病院と、入所定員82人の介護老人保健施設「安寿苑」との合築。それぞれ入り口がある。さらにもう1つの入り口は、この建物に併設されている公民館、中込会館の入り口だ。

 中込会館は、佐久市内に7施設ある地区公民館の1つで、6階建ての病院の建物の2階にある。延べ面積は1435m2。5つの会議室のほか料理講習室、作業用の部屋などを備え、様々なイベントに活用されている。最も大きい大会議室はステージやグランドピアノがあり、間仕切りをはずせば200人を超える住民を収容できる。

 「公民館は生涯学習の機会を提供し、地域住民の集う場所として大きな意味を持っている。利便性のいいところにあれば、その効果も高くなる。利用者の年齢層が上がってきており、次世代の住民に使ってもらえるようにする必要もある」。佐久市教育委員会社会教育部・佐久市中央公民館事務長の佐々木和弘氏はこう話す。

中込会館は佐久市に7カ所ある地区公民館の1つ。単体で約90人を収容できる大会議室ほか4会議室、創作室、料理講習室がある
[画像のクリックで拡大表示]

住民の要望が公民館併設を後押し

恵仁会理事長でくろさわ病院院長の黒澤一也氏は、地域再生も念頭において事業経営を進めている
[画像のクリックで拡大表示]

 民間病院では全国初といわれる建物内の公民館の併設は、くろさわ病院と、地元住民や商工会議所、佐久市などが、地域の再生・活性化を図るという思いで一致した結果、実現したものだ。

 恵仁会理事長でくろさわ病院院長の黒澤一也氏は、2000年に地元に戻ってから、患者数が減少傾向にあった病院の立て直しに取り組んできた。その過程で、地域の住民や開業医と接触したり、空き店舗が目につく商店街を見たりするにつけ、「中込のまちには元気がない。同じ佐久市でも、長野新幹線の駅ができた佐久平とは対照的だ」と感じたという。

 そこで老朽化が目立ち始めた病院の新築に当たり、中込駅から400mほど場所から、同駅前の民有地に移転することを決めた。「旧病院の場所では土地の確保が難しいこともあったが、撤退した大型商業施設の跡地をどうするか市も困っていた。商工会議所のメンバーの一人として、地域振興にも強い思い入れがあった」(黒澤氏)ためだ。土地の購入は恵仁会が独自に行ったが、建物の建設については市の地域総合整備資金貸付事業を活用し、4億円(2015年度予算額)の無利子貸し付けを受けた。

 一方で、中込地区では公民館も老朽化し、地元住民からは駅前商店街近くに新設する要望が出ていた。商工会議所や商店街からも、中込地区の再生を求める声が上がっていたのだという。

 そこでくろさわ病院と住民が協議し、新病院の建物内に公民館を設置することで合意した。黒澤氏が市長と同級生であった縁もあって話は急ピッチで進み、市議会の同意も得ることができた。「前例がない新しい試みだから、担当者は条例などの整備に苦労したようだが、恵仁会が地域に信用があったのが大きかった。地元の合意がないと行政は動けない」と佐久市教委の佐々木氏は話す。

 現在は、恵仁会が所有する建物の一部を、佐久市に賃貸する形で中込会館を運営している。市は賃借料として毎年約5500万円を恵仁会に支払う。39年間の契約期間にわたる賃借料を、15年間で払うという契約のためこの金額になった。施設の管理は両者で行い、くろさわ病院は中込会館で行われるイベントにも積極的に関わっている。