コロナ禍の影響で、いまだ様々な制約がある学校現場。そのなかで、オンラインを使って子供たちを支援する動きが広がっている。大阪市生野区は改めてその存在が注目されているオンラインゲームを題材にキャリア教育を実施、西条市と住友重機械イオンテクノロジーとは官民連携オンラインインターンシップを開催。西鉄バスは福岡市の教育委員会協力の下でリモートによる社会科見学を実施した。

大阪市生野区とロート製薬、デジタルハーツ、スポーツタカハシが実施した eスポーツイベント「脱獄ごっこ×生野っこeスポーツチャレンジ!」(提供:大阪市生野区)
[画像のクリックで拡大表示]

オンラインでゲーム業界のキャリア教育

 2020年10月、大阪市生野区とロート製薬、デジタルハーツの主催で、区内の小中学生を対象としたeスポーツ大会「脱獄ごっこ×生野っこeスポーツチャレンジ!!」が開かれた。

 eスポーツとは、「エレクトロニック・スポーツ」の略語で、複数のプレイヤーで対戦するコンピュータゲームを“スポーツ競技”としてとらえたもの。

 大阪市生野区は、区内に多いものづくり企業をはじめ、幅広い職業に触れる機会を作ることを目的にキャリア教育に力を入れている。その中でも教育現場が避けるゲーム業界をあえて取り上げたのが今回のイベントだ。参加者の小中学生は基本的にオンラインで参加した。ゲームに関しては規制する条例を作る自治体もあるなか、行政が率先してeスポーツ大会を開くことは極めて異例。その背景には、生野区の山口照美区長の「子供たち全員をヒーローにしたい」という強い願いがあった。

 教育ジャーナリストだった山口氏は、大阪市の民間人校長を経て2017年に生野区長に就任。校長時代からキャリア教育に力を入れており、以前から職業のひとつとしてゲーム業界にも目を向けたいと考えていた。 「学校では、勉強や運動ができる子は褒められるが、ゲームが得意な子には評価される場がない。一方、ゲーム業界は日々成長し続けている業界で、eスポーツアスリート(プロゲーマー)からクリエイターまで業界で活躍する人は数多い。すべての子の可能性を伸ばすためにも、ゲーム業界を対象にしたキャリア教育をしたいと思っていた」(山口氏)。

 実際、今、日本でもeスポーツは注目を集め、eスポーツイベントの協賛企業には大手企業がずらりと名を連ね、人気選手とスポンサー契約を結ぶ企業も増えている。

自宅などでZoomを利用できない生徒は配信会場から参加した(提供:大阪市生野区)
[画像のクリックで拡大表示]

 そして何よりも今回のイベントを後押ししたのは新型コロナウイルスだ。休校中、学校にも行けず、外にも遊びに行けない子供たちにとって、今回のeスポーツ大会の題材となったオンラインゲーム『脱獄ごっこ』をはじめ、ゲームを通して友達とつながったり、心の支えになっていたりした子供は数多い。コロナ禍でオンラインが注目され、ゲームが改めて脚光を浴びたこともあり、この両者を融合した形でのキャリア教育を行おうと企画したという。山口氏はこう話す。

 「私の中学生の娘も休校中は『あつまれどうぶつの森』をやり、小学2年生の息子は『マリオメーカー2』でコースを自作、世界中の人たちに評価されて喜んでいた。とかくゲームは悪者にされがちだが、『マリオメーカー2』はプログラミング教育に役立つし、『あつまれどうぶつの森』ではお金の知識を得ることもできる。問題はツールではなく、使い方。それを伝えるためにも、また、『将来ゲームを仕事にすることもできる』という子供の将来の選択肢を増やすという意味でも、eスポーツをキャリア教育として取り上げたかった。eスポーツなら、コロナ禍においても、自宅からでもどこからでも参加できる」