東京都豊島区は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会までの完成を目指し、池袋駅周辺の4つの公園を整備している(関連記事)。2016年にリニューアルオープンして多くの人で賑わう南池袋公園、2019年秋にリニューアルオープンした池袋西口公園と中池袋公園、そして、2020年春に完成予定の造幣局跡地の新公園だ。4公園や駅周辺の観光スポットを巡る低速バス「IKEBUS(イケバス)」の運行も始まった。同区の構想と、オープン当時、公民連携による運営手法が話題を呼んだ南池袋公園の「その後」を取材した。

個性豊かな4公園を整備し、賑わいを創出

 公園が街を変える!――。豊島区が策定した「国際アート・カルチャー都市構想実現戦略」(平成28年5月)には、はっきりそう明記されている。同戦略の基本コンセプト「まち全体が舞台の誰もが主役になれる劇場都市」を実現する空間の核として、以下の4公園を位置付けているのだ。まず、2016年にリニューアルオープンして芝生広場で多くの人がくつろぐ南池袋公園。そして、2019年秋にリニューアルオープンした池袋西口公園と中池袋公園、2020年春に完成予定の造幣局跡地の新公園である。4公園の合計面積は約3万m2に及ぶ。

4つの公園の構想。リニューアルによってそれぞれの公園に特徴を持たせ、利用者の回遊を狙う(資料:豊島区「国際アート・カルチャー都市構想実現戦略」より)
[画像のクリックで拡大表示]

 既に2016年にリニューアルオープンした南池袋公園は、子育て世代を中心として大勢の人で賑わっている。「都市のリビング」をコンセプトに、広々とした芝生広場や、地元企業が運営する雰囲気の良いカフェレストランが人気だ。池袋駅東口から公園までの動線となるグリーン大通りと一体となって毎月マルシェも開催。ファミリー層を中心とした地域の憩いの空間としてしっかりと定着している。

芝生広場が賑わう休日の南池袋公園(写真:日経BP総研)
[画像のクリックで拡大表示]

 他の3公園もそれぞれの公園の特色を生かし、週末や祭日には自由に参加できる多彩なイベントを随時開催する方針だ。

 2019年10月24日にオープンした中池袋公園は、「アニメの聖地」として知られる池袋を世界に発信する拠点として位置付けられており、アニメやコスプレ関連を中心としたイベントを開催していく。オープン早々の10月26日・27日には、「池袋ハロウィンコスプレフェス2019」のメーン会場として使われた。近くにはアニメグッズ専門店「アニメイト池袋本店」があり、公園のカフェも「アニメイトカフェスタンドHareza池袋」として株式会社アニメイトカフェが運営している。

 同公園は11月1日に劇場がオープンした複合施設「ハレザ池袋」(関連記事)の前面に位置し、劇場と連携したイベントも開催していく。Hareza池袋および周辺のエリアマネジメントを担う「Hareza池袋エリアマネジメント」が指定管理者として公園の運営を担っている。

中池袋公園。奥の建物が「ハレザ池袋」。面積は約1800m2。平坦な石張り舗装の空間で、さまざまなイベントに利用できる。公園内にアニメカフェを設置し、アニメと連携したフード・ドリンクなどを販売する(写真:日経BP総研)
[画像のクリックで拡大表示]
中池袋公園の「アニメイトカフェスタンドHareza池袋」(写真:日経BP総研)
[画像のクリックで拡大表示]
中池袋公園などで開催された「池袋ハロウィンコスプレフェス2019」(主催:池袋ハロウィンコスプレフェス実行委員会、共催:豊島区、豊島区商店街連合会、一般社団法人豊島区観光協会、サンシャインシティ)のウェブサイト

 池袋西口公園は1990年、隣接する東京芸術劇場と一体的に整備された公園だ。2019年11月16日に、池袋駅直近の立地を生かし、公園全体を屋外劇場としてリニューアルオープンした。縦3m×横11mの大型ビジョンや8chスピーカーを備え、常設ステージと仮設ステージの組み合わせにより、広場としての日常利用からフルオーケストラによるイベントまで対応する。設計は三菱地所設計と、南池袋公園を手掛けたランドスケープ・プラス(新宿区)が共同で当たった。インフォメーションセンターを兼ねたカフェの運営事業者には、プロポーザルによってプロントコーポレーションが選定された。

池袋西口公園は、「グローバルリング」と名付けた劇場空間が売り。面積は3123m2。向かって左側にカフェ、右側に舞台がしつらえられている(写真:日経BP総研)
[画像のクリックで拡大表示]

 造幣局跡地の新公園は、造幣局の工場があった約3万2000m2の敷地を土地利用転換によって約1万7000m2の防災公園と約1万5000m2の市街地に再生するというもの。西側には池袋副都心が、東南側には木造密集地域が広がる立地特性を考慮し、災害時の避難場所としての機能や延焼遮断機能を持たせる。平時にはスポーツ関係などの野外イベントに活用する。

 豊島区は、これら4つの公園を核として駅周辺の回遊性を高めていく方針だ。2019年11月には、4公園をはじめ劇場やショッピングエリア、豊島区庁舎など、池袋の主要スポットを巡る低速電気バス「IKEBUS(イケバス)」が運行を開始。国土交通省が推進する「まちなかウォーカブル推進都市」にも賛同を表明している。

(写真:日経BP総研)
[画像のクリックで拡大表示]
左写真は「IKEBUS(イケバス)」。車両のデザインはJR九州「ななつ星in九州」などを手掛けた水戸岡鋭治氏。運行はWILLER EXPRESS(東京都江東区)が行う。時速20km未満のゆっくりした速度で走行し、まちの景観を楽しむことができる。写真は試験運行時のもの。上図はイケバスの運行ルート(資料:豊島区)
[画像のクリックで拡大表示]

まちを変えた南池袋公園の再生

 4つの公園による駅周辺の活性化構想が生まれるきっかけとなったのは、南池袋公園の再生プロジェクトの成功だった。

 青々とした芝生の上に寝転び、くつろぐ家族連れ。敷地内のオープンカフェでおしゃべりに花を咲かせるグループ。グリーン大通りのマルシェを覗きながら公園へ足を伸ばすカップル――。週末のこのエリアは、ビジネス街のイメージの強い平日とは別の華やぎを見せる。薄暗く、“ホームレス公園”とも呼ばれていた以前の様子を知る人は、「別の公園のようだ」と驚く。公園が変わったことで、まちの雰囲気も大きく変わりつつある。

池袋駅東口から徒歩5分ほどの位置にある南池袋公園の面積は約7800m2。東京電力の変電所を地下に移設した復旧費用で、区の支出は実質支出ゼロ円でリニューアルを施し、2016年4月にオープンした(写真:日経BP総研)
[画像のクリックで拡大表示]

 南池袋公園の改修計画が持ち上がる前の2005年頃、区の財政はどん底だった。都市整備部公園緑地課の石井昇課長は「公園中央にあった噴水を修理する予算すらも出なかった」と振り返る。

 そんなとき、恒久的な変電施設を設置できる場所を探していた東京電力から「南池袋公園の地下に変電所を移設させてもらえないか」と相談を受けた。これは区にとっても魅力的な提案だった。公園のリニューアル工事費は、東京電力からの復旧費と工事現場の占有料で賄える見込みが立った。さらに、変電施設の上部(地下1階)には無償賃借して区の駐輪場として使用することもできることになった。公園の維持管理費も、変電所と地下鉄(東京メトロ)の占有料を見込むことができたその後、カフェレストラン導入が決まり、さらに公園使用料収入も上積みで見込めることとなった*。

* 2018年度の南池袋公園における収入は3800万円。東京電力から1500万円、東京メトロから300万円(いずれも地下占用料)。そして、カフェからの使用料(1.5万円/坪。売上が25万円/坪・月を超えた分については売上の10%)だ。一方、経費は2800万円(清掃、植栽管理、利用指導を合わせた業務委託費:2300万円、閉園に伴う警備委託費:300万円、遊具の補修ほか維持管理費:200万円)。なお、カフェの地域還元費用(売り上げの0.5%)は収入とは別枠である。

 区と東京電力は1年間かけて、地下の最下層を変電所、その上部の1層を区の自転車駐輪場、地上部を公園とするプランを練り上げた。変電所の施設内容について地元に説明し、概ね理解を得た後、09年9月に公園を閉鎖。リニューアルに向けて動き出した。

豊島区都市整備部公園緑地課の石井昇課長(写真:三上美絵)
[画像のクリックで拡大表示]
南池袋公園の地下には東京電力の変電所と駐輪場が。写真は駐輪場の入り口(写真:日経BP総研)
[画像のクリックで拡大表示]

 公園整備計画については、町会や商店会を交えた南池袋公園再整備検討会でワークショップを重ねた。ところが、静かな環境を望む町会と、賑わい創出を重視する商店会の意見がかみ合わず、方向性をまとめきれずに終わる。そこで、区が新たな基本計画案を策定し、両会の了承を求めることになった。

 2013年、豊島区新庁舎のランドスケープを手掛けた平賀達也氏(ランドスケープ・プラス代表)に、南池袋公園の総合プロデュースを依頼。関係者への説明会を数回にわたり開催し、理解を求めた。こうして現在のコンセプトの南池袋公園の姿がようやく見えてきた。2014年10月から工事に着手した。

 一角にはカフェレストランを新設して事業者を誘致。新たな公園の目玉として、賑わいの核と位置づけた。事業者は、地元・南池袋に本社を置き、地元で人気のレストラン「ラシーヌ」を経営するグリップセカンドを公募により選定した。

 公園内にオープンしたカフェレストラン「RACINES FARM TO PARK(ラシーヌ ファーム トゥー パーク)」は、狙い通り公園の集客の要となっている。

カフェレストラン「RACINES FARM TO PARK(ラシーヌ ファーム トゥー パーク)」の売り上げの一部を運営主体である「南池袋公園をよくする会」の活動資金に充てている(写真:nest)
[画像のクリックで拡大表示]

 公園の運営には、平賀氏の提案によって、行政と地域とが協働する新たな仕組みを導入した。商店会、町会、区の職員、隣接地権者、カフェレストラン運営者、学識経験者、植栽管理者で構成する組織「南池袋公園をよくする会(以下、よくする会)」を立ち上げ、運営に当たっている。決定権はあくまでも区にあるが、公園でイベントを開催するには「よくする会」の承認を必要とする体制を構築した。

芝生の価値を最大化するための地道な取り組み

養生中で芝生広場が全面立ち入り禁止でも賑わう南池袋公園(写真:日経BP総研)
[画像のクリックで拡大表示]
子供に人気のキッズテラス(写真:日経BP総研)
[画像のクリックで拡大表示]

 南池袋公園は公民連携による都市公園再生の成功事例として様々なメディアに取り上げられ、他の自治体からの視察が押し寄せた。それから3年半。現状はどうなっているのだろうか。結論を先に言えば、今もその賑わいはまったく衰えていない。芝生の全面養生期間中は広場には入れないが、それでも多くの人が公園を訪れる。その様子は、この公園が地域の憩いの場として定着していることを示しているといえるだろう。

 南池袋公園の最大の“売り”は広い芝生広場だ。上空には電線もなく、周辺を高層ビルでふさがれていない。空が高く、気持ちの良い空間だ。この空間の価値を守り続けていることが、同公園の持続的な賑わいにつながっている。

 南池袋公園では、芝生の価値を毀損しないため、当初から全面禁煙の方針を打ち出した。吸い殻だらけの芝生公園では子育て世代にそっぽを向かれてしまう。

 さらに、「芝生を大事にする」という気持ちを利用者にも持ってもらわなくてはならない。そこで、オープン当初は警備員を常時配置し、スケートボードや犬の散歩などで芝生広場に入ってくる人たちに注意をしていたという。芝生を傷めたり、犬の糞がそのままあったりすると、芝生空間の価値が下がってしまう。それを防ぐと同時に、利用者に芝生利用のルールを浸透させることにもつなげていった。

 ベビーカーの乗り入れも芝生を傷めるが、「今では皆が芝生の外にベビーカーを自然と置いてくれるようになっている」――。そう語るのは、南池袋公園と、隣接するグリーン大通りで毎月第三土曜日にマルシェを主催し、「よくする会」のメンバーでもあるnest(ネスト)の青木純代表だ。

 「ベビーカー置き場を設けたり、そこに誘導したりといった取り組みをマルシェの場を通じて地道にやってきた」と青木代表は振り返る。そのほかにも、芝生への愛着を感じてもらえるような工夫を運営サイドは続けてきた。例えば、ビニールシートと比べて芝生が傷みにくいゴザの貸し出しを行ったり、かわいらしい「芝生ちゃん」のイラストとともに、養生中であることを説明する看板を用意したり、といった工夫だ。こうした小さな取り組みの積み重ねがあったからこそ、利用者が芝生を大事に扱ってくれるようになったといえるだろう。

ベビーカーは芝生の外に(写真:日経BP総研)
[画像のクリックで拡大表示]
親しみやすい養生中の看板(写真:日経BP総研)
[画像のクリックで拡大表示]

公園からエリアへと賑わいを広げる

 南池袋公園における現在進行形の取り組みの1つに、「公園の賑わいをエリア一帯に広げること」がある。グリーン大通りと南池袋公園のマルシェは、開始から3年目を迎え、エリアにも少しずつ変化の兆しが見えてきた。

 マルシェを主催するnestの青木代表は「グリーン大通りは、銀行などが立ち並ぶ通りで、以前は土日でもベビ―カーの姿を見かけることはほとんどなかった。それが今では、ベビーカーや子供連れで自転車に乗るお母さんの姿も増えてきた。これまでの2年間で一番の成果だ」と手ごたえを語る。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
毎月第3土曜日に開催しているマルシェの様子。南池袋公園の地下に駐輪場ができたことで、公園内や隣接するグリーン大通りから放置自転車が消え、スペースを有効に使えるようになった(写真左:三上美絵、右:日経BP総研)

 マルシェの開始当初、賑わっている南池袋公園に出店したい人はたくさんいたが、グリーン大通りへの出店者集めにはかなり苦労した。それが今では、水回りの工事などで出店者の使い勝手を良くする工夫をするなどした結果、「徐々に大通りのマルシェ出店者も増えてきている」(nestの飯石藍取締役)。

ネストの青木純代表と飯石藍取締役(写真:三上美絵)
[画像のクリックで拡大表示]

 周辺のビルオーナーの意識も変わってきた。賑わいが増えればゴミも増える。区の職員とnestのスタッフが週末にゴミ拾いをしたり、公園利用者に直接声がけしたりといった地道な努力を続けてきた。今では周辺のビルオーナーがこのボランティア活動に参加したり、マルシェに花を買いに来たりするようになった。公園の向かいのビルに、米国西海岸発の人気コーヒーショップ「ブルーボトルコーヒー」が入居したが、これは地元のビルオーナーが自ら誘致してきたものだ。公園がエリアの価値を高めているという認識が広がれば、周辺エリアで面白いことを企てる事業者も増え、街並みも変わっていくだろう。

 現在、南池袋公園の開園時間は8時から22時。夜間はバリケードで入口を閉鎖する。だが「周辺のテナントが公園に向けて開かれていけば、人の目で治安が維持されるようになる」(青木代表)。そうなれば、南池袋公園は、よりバリアのないオープンな空間へとさらに成長していくだろう。

 マルシェには実験場としての役割もある。南池袋公園とグリーン大通りを舞台として年に1度開催するマルシェやワークショップなどの一大イベント「IKEBUKURO LIVING LOOP(池袋リビングループ)」(2019年は10月18日~20日)などを実験場として、定常へ移す。例えば、警察と交渉し、キッチンカーをこのイベントに登場させたことで、他の日にも営業を認められるようになったという。案内マップでは、エリアを雑司ヶ谷にまで広げて回遊を促すなど地域交流の幅を広げる試みもなされている。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
左写真は、南池袋公園の向かい側に出店したブルーボトルコーヒー。右写真は「IKEBUKURO LIVING LOOP」のイベントとして行われたトークセッション「池袋ミライ会議」の様子。nestの共同代表であり公共R不動産の馬場正尊(左)をモデレーターに、呉祐一郎氏(豊島区副区長)、青柳太氏(国土交通省都市局 街路交通施設課)、宮副信也氏(平和堂薬局)の3人が語り合った。宮副氏は地元ビル(SH Block南池袋)のオーナーでブルーボトルコーヒーを誘致した人物(写真:日経BP総研)

 もちろん課題もある。まず、すべての住民が満足しているわけではないという点だ。マルシェについては「何もしないでも賑わっているのに、なんでマルシェを開く必要があるのか」といった声もあるという。また、これは南池袋公園に限った話ではないが、「おしゃれな空間」にリニューアルすることで、高齢者など馴染めない層が出てきてしまうということもあるようだ。

 一方で、これだけ賑わいのある場所となると、公園で何かをしたいと考える民間事業者も多い。そうした事業者への対応も課題の1つだ。

 民間事業者の提案は、「よくする会」の会合で審議し、承認された後に同会から区へ公園の使用を申請するというのが今の仕組みだ。しかし、民間事業者からするとスピード感に欠ける。

 地域の関係者の合意形成には必要なプロセスとはいえ、「会合が開かれるのは月に一度なので、判断にも時間がかかる。参入を適切にコントロールしつつも、公園の価値を高める提案をしてくれようとする企業の声を、もう少し受け止められるようにできないか」(飯石取締役)という悩みがあるも事実だ。

 指定管理者にパークマネジメントを任せて、民間事業者の参入をどんどん進めるというやり方もある。だが、「都市のリビング」をコンセプトとする南池袋公園で、それをどこまで許すべきなのか。

 「都市のリビング」というコンセプトを守りながら、収益を上げ、利用者にもエリアにもさらなるメリットをもたらす。そんな高度な舵取りが、これからの南池袋公園には求められている。

 そして、南池袋公園で試行錯誤しながら得た知見やノウハウを、他の3公園とも共有できれば、相乗効果で池袋周辺エリアの価値はさらに高まっていくだろう。  

この記事のURL https://project.nikkeibp.co.jp/atclppp/PPP/434167/121700132/