東京都豊島区は、池袋駅周辺の4つの大きな公園の整備(関連記事)を進める一方で、住宅街に点在する小さな公園の活性化にも力を入れている。これまで十分に活用されていなかった小規模公園を地域コミュニケーションの場として再生させるために、地元に本社を置く良品計画と連携。近隣住民とともに公園の使い方やルールの検討も含め、2つのモデル公園のリニューアルを行った。

[画像のクリックで拡大表示]
「小規模公園活用プロジェクト」のモデル公園の1つ、西巣鴨二丁目公園のリニューアル・オープン日(2019年12月14日)の様子。隣接する集会室「区民ひろば西巣鴨第一」のイベントとも重なり、親子連れを中心に多くの人が集まり賑わった(写真:日経BP総研)
[画像のクリックで拡大表示]
「小規模公園活用プロジェクト」のモデル公園としてリニューアルした上り屋敷公園。シンボルツリーの周囲を木製のベンチをでぐるりと囲んだ。ゆっくり座ったり、寝転がったりしててくつろげるスペースが公園内に出来上がった(写真:日経BP総研)

 「地元の人たちの身近な遊び場や憩いの場として、小さな公園に目を向けるべきだと考えた」――。こう語るのは豊島区マーケティングコミュニケーション専門監で「わたしらしく、暮らせるまち。」推進アドバイザーを務める宮田麻子氏だ。

 豊島区は、160カ所以上の公園・児童遊園を有している。その多くが小規模な公園・児童遊園だ。こうした小さな公園の活用に目を向けた「小規模公園活用プロジェクト」のモデル公園が2019年12月にリニューアルオープンした。西巣鴨二丁目公園と上り屋敷公園である。豊島区と良品計画(東京都豊島区)による、まちづくりに関するパートナーシップ協定*に基づく取り組みだ。

 モデル2公園では、木製のデッキや横になれるベンチなど、もっと公園でくつろげるようにするための整備を最小限の範囲で実施した。オープニング・イベントでは、地元住民による紙芝居上演(上り屋敷公園)や、子供たちが「食品ロス」を考えながらメニューをつくったスティックチョコパン屋さんの屋台(西巣鴨二丁目公園)なども出店し、場を盛り上げた。使用した組み立て式の屋台は公園の倉庫に収納し、必要な場面でいつでも使うことができるようになっている。

 移動車両(パークトラック)もやって来て、コーヒーなどのドリンクやパンなどの軽食の販売や、図書館の本の貸し出しが行われた。車両はダイハツ工業の協力により開発された特注品だ。

上り屋敷公園の石積みに沿って設置されたベンチ
[画像のクリックで拡大表示]
西巣鴨二丁目公園でも、上り屋敷公園と同様、シンボルツリーの周囲にベンチを設置した
[画像のクリックで拡大表示]
(写真:2点とも日経BP総研)
(写真:日経BP総研)
[画像のクリックで拡大表示]
(写真:豊島区)
[画像のクリックで拡大表示]
西巣鴨二丁目公園では、隣接する集会室「区民ひろば西巣鴨第一」との間をウッドデッキでつなぎ、公園、集会室それぞれを訪れた住民の交流を促す。以前(右上写真)は植栽などで境界がはっきり分かれていた。
(写真:日経BP総研)
[画像のクリックで拡大表示]
(写真:豊島区)
[画像のクリックで拡大表示]
左は地元の人たちによる紙芝居上演(上り屋敷公園)、右は子供が運営する屋台「スティックチョコパン屋」(西巣鴨二丁目公園)。組み立て式の屋台は、普段は公園の倉庫に収納する(左写真:日経BP総研、右写真:豊島区)
[画像のクリックで拡大表示]
パークトラック。カフェやクッキーなどの販売のほか、区立図書館から積んできた児童書も陳列。公園内で自由に読むことができる(西巣鴨二丁目公園 写真:日経BP総研)
* FFパートナーシップ協定。FFとはFemale/Family Friendlyの略で、「女性やファミリーにやさしい」を意味する。子育て支援、健康増進、働き方改革、防災など分野ごとに行っていた様々な公民連携・協働を包括する形で、パートナーシップ協定を企業や大学と締結するもの。豊島区と良品計画は2017年11月にこの協定を締結した。