新潟県南魚沼市は、旧第二上田小学校を利活用する事業者を募集する。任意の現地見学会を1月12日~24日に開催(申し込みは1月20日まで)、質問を1月25日まで受け付ける。応募書類は1月11日~2月10日に持参か郵送で提出。2月下旬のプレゼンテーションとヒアリング審査を経て、3月上旬に優先交渉権者を決定。5月以降に施設改修や各種申請、事業開始を予定している。

旧小学校の外観(出所:南魚沼市)
旧小学校の外観(出所:南魚沼市)
[画像のクリックで拡大表示]
旧小学校の位置(出所:南魚沼市)
旧小学校の位置(出所:南魚沼市)
[画像のクリックで拡大表示]

 1906年に開学した南魚沼市立第二上田小学校は、他校との統合により2020年3月末に閉校。旧第二上田小学校の所在地は、南魚沼市長崎2941番地。JR上越線「六日町駅」から南へ約8.5kmに位置する。1万5528m2の敷地に、鉄筋コンクリート造の3階建ての校舎と体育館、プール、運動場がある。体育館は他の利用計画があるため今回の提案募集の対象外となっている。

 事業提案の条件として、応募者が施設の改修計画を立て、整備・維持管理し、事業を運営すること、校舎と敷地を一体的に活用すること(体育館を除く)が求められている。建物および土地は賃貸借契約、契約期間は契約締結日から10年が原則。市が示す賃貸借料の基準額は月額43万円(消費税・地方消費税を除く)だ。

 市では地域貢献も重視しており、日常的または定期的に地域住民や市民を対象とした相互交流が行える機能の導入を求める。また、長期的に地域と良好な関係を築いていくための工夫などの提案も希望している。

 応募に際しては事業提案書(提案事業の概要と施設運営の概要、施設整備の概要、市全体の振興や地域の活性化に資する提案、事業開始までのスケジュール、資金計画書、事業収支計画書)と賃貸借料提案書を提出する。

 なお、市では2020年11月、民間事業者による活用の可能性を探るため、旧第二上田小学校の利活用についてサウンディング型市場調査を実施し、2事業者(グループ)が参加した。1事業者の提案概要は「団体向け宿泊施設(合宿所)として改修」し、セミナーや文化活動、キャンプやバーベキューができる場にして、地元の食育体験教室も実施するというもの。もう1事業者は「サービス付き高齢者向け住宅に用途変更」という提案で、安価で広い居住空間を持つ施設として利用し、1階の一部にシェアオフィススペースを設置して複合施設とするものだった。