鎌倉市が実施するまちのコイン「クルッポ」(資料:鎌倉市)
鎌倉市が実施するまちのコイン「クルッポ」(資料:鎌倉市)
[画像のクリックで拡大表示]
まちのコイン「クルッポ」のwebサイト イメージ(資料:鎌倉市)
まちのコイン「クルッポ」のwebサイト イメージ(資料:鎌倉市)
まちのコインの始め方
まちのコインの始め方

 神奈川県鎌倉市は、カヤック(神奈川県鎌倉市)のコミュニティ通貨サービス「まちのコイン」を活用した「SDGsつながりポイント事業」を導入すると発表した。1月19日(火)から鎌倉市全域でポイント運用を開始する。利用できるのは、鎌倉市大船地区、鎌倉駅周辺、腰越地区の店舗で、1月5日(火)よりスポット(加盟店、団体)の募集を始めた。

 「まちのコイン」はカヤックが開発したコミュニティ通貨(電子地域通貨)。利用者は地域活動などに参加するとポイントを獲得でき、そのポイントは加盟店等で利用できるというもの。都道府県の中で唯一SDGs未来都市および自治体SDGsモデル事業に選定されている神奈川県は、SDGsのさらなる普及促進を目指し、2019年から実施している「SDGsつながりポイント事業」として「まちのコイン」を採用している。

 鎌倉市もまた、2018年6月に国から「SDGs未来都市」に選定されている。そこで同市でも、2019年11月21日から12月18日までの約4週間、神奈川県の委託事業として鎌倉市御成町近辺のエリアで「まちのコイン」の実証実験を行い、プラごみ削減やフードロス対策などの活動でポイントを獲得・利用できるようにした。その結果、利用者のSDGsに関する活動をより身近に楽しくできる機会となったという。

 また、ここ1年は拡大する新型コロナウイルス感染症により、鎌倉市でも地域経済、特に飲食店には大きな影響が出ている。そのため、地元を応援したいと考える市民は多く、市民の有志がテイクアウトマップを作成するなどの動きが見られる。鎌倉市では、市民と地元のお店・事業者のつながりをつくるきっかけとしても「SDGsつながりポイント」は活用できると考え、導入を決めたという。導入に際して鎌倉市は今年度500万円の予算を取っている。システムの運用維持については神奈川県が負担しており、初期費用も含む予算は2000万円。

 鎌倉市のまちのコインの名称は「クルッポ」。「まちのコイン」アプリをApp StoreおよびGoogle Playでダウンロードし、地域表示を「鎌倉」に選択すれば利用ができる。