西宮市は、隣接する3カ所の市有地に市営住宅を集約するなど有効活用を進めるため、サウンディング型市場調査を実施する。参加申込・質問受付は2022年1月25日まで。対話は2022年2月8日~2月10日の間に1時間程度実施する。実施日時・場所などは申し込み後に電子メールで連絡し、希望者のみ2回目の対話を2022年3月14日から実施する(新型コロナウイルス感染拡大の状況によっては延期または中止あり)。

公募対象地の位置図(資料:西宮市)
公募対象地の位置図(資料:西宮市)
[画像のクリックで拡大表示]

 対象地は、保健所(敷地面積2594.91m2)、江上庁舎(敷地面積1339.11m2)、市営江上町住宅(敷地面積3677.83m2)の3カ所。市では隣接するこれらの土地を合わせて活用し、新たに96戸以上の市営住宅を集約し建て替えたい考えだ。併せて一定規模以上の公園や広場といったコミュニティスペースの確保など、地域に貢献する取り組みも検討する。

敷地図面(資料:西宮市)
敷地図面(資料:西宮市)
[画像のクリックで拡大表示]

 対話内容は(1)事業スキーム、土地利用イメージ、対象地の市場性など、(2)事業化にあたっての課題や条件・行政に期待する事項、(3)その他、対象地における地域貢献の取組などについて。なお、対象地は安井小学校区内にあり、「準受入困難地区」に指定されているため、教育環境保全のための住宅開発抑制に留意する必要がある。