苫小牧市光洋町の地域マイクログリッド構想
苫小牧市光洋町の地域マイクログリッド構想
(出所:レーベンクリーンエナジー)
[画像のクリックで拡大表示]
「メガソーラービジネス」2022年1月13日付の記事より

 タカラレーベンのグループ会社であるレーベンクリーンエナジー(東京都中央区)は2021年12月14日、北海道苫小牧市におけるマイクログリッド構築について、導入プランの作成を開始したと発表した。

 同プロジェクトは、北海道苫小牧市光洋町エリアで地域共生型のマイクログリッドを構築し、非常時にオンサイト型PPA(電力購入契約)モデルによる太陽光発電電力を地域の医療機関である「光洋いきいきクリニック」と指定避難所である「苫小牧市立光洋中学校」に電力を供給するもの。

 太陽光発電システムは2カ所あり、出力31kWの設備から「光洋いきいきクリニック」に電力を供給し、出力99kWの設備からの電力は配電網を通じて向陽中学校および低圧施設1軒に供給する。また、それぞれにEV(電気自動車)ステーションを設置する。

 このほかにも、出力250kWのコージェネレーション(熱電併給)システム、出力100kW・容量100kWhのコンテナ型蓄電池を設置する。いずれも「光洋いきいきクリニック」に供給する。

 医療法人社団生きいき会を代表申請者とし、セカンドフェイズ、正興電機製作所、中電技術コンサルタントとのコンソーシアムを形成した。環境共創イニシアチブ(SII)から「令和3年度・地域共生型再生可能エネルギー等普及促進事業費補助金(地域マイクログリッド構築支援事業のうち、導入プラン作成事業)」の採択を受け、2021年11月22日に第1回検討会議を開催した。