京都市は「令和4年度 公民連携 公園利活用トライアル事業」の公募を開始した。人口減少、環境保全、災害対応、新型コロナウイルス感染症など様々な課題の克服に向け、都市の魅力であり市民の活力と憩いを生み出す空間である公園を最大限に利活用していくため、市の6公園において、民間企業に柔軟な発想のイベント・サービスなどの企画を求める。

事業の流れ(出所:京都市)
事業の流れ(出所:京都市)
[画像のクリックで拡大表示]

  トライアル実施期間は22年度4月1日から23年度3月31日までのうち、応募者が希望する期間。ただし円山公園で連続して実施できるのは1週間まで。参加申し込み及び提出書類の締め切りは2月7日。2月中に選定する。応募部門は移動型店舗部門(キッチンカー、移動販売車などを利用したもの)とそれ以外の一般部門の2つ。いずれも営利事活動を実施した場合は、売上高の5%を市に納付することと、公園の理想像について市と随時意見交換を行うことが条件だ。

 2021年度(令和3年度)は、同事業を宝が池公園(左京区)、竹間公園(中京区)、新京極公園(中京区)の3カ所で実施している関連記事。例えば宝が池公園では、移動販売車でランチやスイーツを提供したり、バーベキュー(BBQ)や魚のつかみ取りを楽しめるようにしたり、公園ウエディングの挙式を行うといったイベントやサービスが提供された。

■2021年度の実施例
■2021年度の実施例
[画像のクリックで拡大表示]
BBQ、仮設カフェ、魚のつかみ取り、フラダンス、自然保護活動、山歩きイベント、冬のグランピング体験「こたつとワイン」など:樋口造園・岩倉南自治連合会・起福・カンセキ(宝が池公園、10月~実施中)(出所:京都市)
公園ウェディング:クラウディアコスチュームサービス アイネスヴィラノッツェ宝ケ池(宝が池公園、10月31日プレ実施、3月本格実施予定)(出所:京都市)
[画像のクリックで拡大表示]
公園ウェディング:クラウディアコスチュームサービス アイネスヴィラノッツェ宝ケ池(宝が池公園、10月31日プレ実施、3月本格実施予定)(出所:京都市)

 22年度の公募では、この3公園に円山公園(東山区)、東山山頂公園(山科区)、桂坂公園(西京区)を加えた6公園を対象としている。京都市は本事業を通じ、利活用アイデアの具現化に向けた公園関係者や民間企業などとの対話、来園者に対するアンケート、モニタリング調査を行い、引き続き公園の理想像を追求していく。

  京都市ではそのほか、事業実施の条件として、来園者の安全に配慮するとともに、利便性やサービスが向上する利用内容であること、利用期間中は利用終了後に毎日、利用区域および周辺を清掃することなどを求める。また、円山公園については、風致景観、歴史文化などに配慮した内容であることが条件となっている。