須磨海浜水族園・海浜公園の再整備の事業イメージ(出所:神戸市)
須磨海浜水族園・海浜公園の再整備の事業イメージ(出所:神戸市)
[画像のクリックで拡大表示]
須磨海浜水族園・海浜公園の再整備の配置図(出所:神戸市)
須磨海浜水族園・海浜公園の再整備の配置図(出所:神戸市)
[画像のクリックで拡大表示]

 サンケイビル(東京都千代田区)を代表企業とする神戸須磨 Parks + Resorts 共同事業体は1月5日、Park-PFIによる神戸市の須磨海浜水族園・海浜公園再整備に着手した。まず水族館と園地を着工し、2023年9月に園地、24年春に水族館と宿泊施設の供用開始を目指す。事業期間は着手から30年。

 須磨海浜水族園・海浜公園はJR神戸線・須磨海浜公園駅から徒歩 5 分に位置し、事業区域の面積は約10万1900m2。1987年にリニューアルした現・須磨海浜水族園は、開園から30年を経た現在も、年間100万人の来園者を集める。

 神戸市は施設の老朽化や市民ニーズの変化を背景に、2019年3月からPark-PFI事業者を公募、同年9月に神戸須磨 Parks + Resorts 共同事業体を選定した。構成企業は、三菱倉庫、JR西日本不動産開発(大阪市北区)、竹中工務店、阪神電気鉄道、芙蓉総合リース、グランビスタ ホテル&リゾート(東京都千代田区)。

 再整備のテーマは「地域コミュニティと観光客が交流する“つながる”海浜リゾートパークの実現」。カフェやグランピングなど3棟のにぎわい施設を配した園地、延べ床面積2万2271m2の水族館、全80室の宿泊施設、合計1110台の駐車場で構成する。CO2排出量削減やエネルギーの効率利用などが評価され、国土交通省「サステナブル建築物等先導事業(省CO2先導型)」にも選ばれた。

 水族館の集客目標は年間200万人(開業年250万人)。初期投資370億円で、年間323億円の経済波及効果を狙う。