「日経 xTECH(クロステック)」2019年1月24日付の記事より

 神奈川県横須賀市、京浜急行電鉄(京急)、NTTドコモの3者は2019年1月24日、「スマートモビリティー(次世代移動手段)」を活用した街づくりに関する連携協定を締結した。同市内の横須賀リサーチパーク(YRP)で締結式を開いた。

神奈川県横須賀市の横須賀リサーチパークで記念撮影。写真は左からNTTドコモの古川浩司取締役、横須賀市の上地克明市長、京浜急行電鉄の原田一之社長
[画像のクリックで拡大表示]

 上地克明市長は「横須賀市内は人口減少が続いている。丘陵地に住む市民が多く高齢化に伴って移動が困難になる人が増える。ドコモが持つ技術力と京急が持つ事業展開力を組み合わせて、移動にまつわる社会課題に取り組み、地域の活性化を図りたい」と述べた。

 京急の原田一之社長は「当社にとって横須賀市は交通や流通、レジャーなど幅広いビジネスを展開する最重要拠点の1つであり、人口減少が進み危機感を持っている。スマートモビリティーの活用で住民や観光客の回遊性を高めたい」と話した。

スマートバス停として改装した京浜急行バスの「YRPセンター」バス停。中央部に大型ディスプレーを搭載
[画像のクリックで拡大表示]

 連携施策の一環として、京浜急行バスの「YRPセンター」バス停を改装し、2019年1月25日から「スマートバス停」として運用する。大型ディスプレーを設置し、バスの位置情報や混雑情報などを配信する。今後5GやLPWA(ローパワー・ワイドエリア)など新しい通信技術の実証の場としても活用する方針だ。