日ノ丸自動車、日本交通、一般社団法人麒麟のまち観光局、WILLERは、鳥取市、鳥取砂丘会館、チュウブ鳥取砂丘こどもの国、AGC協力のもと、鳥取砂丘周辺の公道で自動運転バスの実証実験を実施する。実証期間は2月17日~20日・23日、3月1日・2日・4日~6日の計10日間。

使用されるバス(出所:WILLER)
使用されるバス(出所:WILLER)
[画像のクリックで拡大表示]
運行ルート(出所:WILLER)
運行ルート(出所:WILLER)
[画像のクリックで拡大表示]

 この実証実験では、地域公共交通の活用に向け、降雪時の路面状態の変化といった走行性能や、円滑な運行のための道路構造の要件など、将来的な無人自動走行に向けた運行技術検証と、自動運転知識・操作技術を含めたオペレーター教育などを行う。また、観光地を自動運転車両で周遊観光するというコンテンツや、車窓に砂丘や市内観光地の映像を投影するといった付加価値の高い自動運転サービスの受容性についても検証する。

 それぞれの企業や団体が担当する役割は、日ノ丸自動車と日本交通が運行計画の策定・運行、一般社団法人麒麟のまち観光局が観光地におけるエリア内の回遊性や周遊観光コンテンツの検証、WILLERがサービスの企画・開発、システム・車両提供だ。

 期間中は、「鳥取砂丘」の東西をつなぐ、片道約2キロを1日4往復運行する。2月17日~2月18日の2日間は関係者が試乗するが、2月19日・20日・23日、3月1日・2日・4日~6日の8日間については一般に試乗モニターを募集する。なお、試乗は事前予約制で、2月1日より先着順。

 なお、この事業に関わる4者は、今回の実証実験をもとに、今後のサービスモデルを検討し、さらに運転手不足や環境問題といった社会課題の解決など、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上を目指したいとしている。