福島県郡山市は、市の中心部にある開成山公園などのPark-PFI事業の公募に向け、サウンディング型市場調査を実施する。2022年度に実施予定の公募へ向けて民間事業者の提案や意見を受けつつ、事業に対する相互理解を深めることが狙い。なお、調査への参加事業者には、昨年実施したトライアル・サウンディング(関連記事)同様、今後開催する事業者選定審議会において「評価の加点」を検討する。

対象公園と事業範囲(資料:郡山市)
対象公園と事業範囲(資料:郡山市)
[画像のクリックで拡大表示]

 ヒアリング調査は2022年2月17日~2月25日の間にZoomによるオンライン会議で行い、1団体1時間程度とする。参加希望事業者は2月18日までに所定の申込票をメールで送付したうえで、ヒアリング実施日の3営業日前までに提案書を提出する。調査に先立ち、公募設置等指針(素案)、要求水準書(素案)、指定管理業務仕様書(素案)を2月23日まで、市のウェブサイト上で公表している。

 事業の対象エリアは、開成山公園(30.3ha)のうちスポーツエリアを除く西側エリア11.99haと、隣接する水・緑公園(0.42ha)、開拓公園(0.19ha)、開成二丁目公園(0.29ha)を合わせた計12.89ha。開成山公園は日本歴史公園100選や、日本遺産の構成文化財に指定されている由緒ある公園だ。

 市は、事業を構成する業務として(1)特定公園施設の設計・整備、(2)公募対象公園施設の設計・整備・運営、(3)利便増進施設の設計、整備(以上、Park-PFI 業務)、および(4)開成山公園等の維持管理・運営 (指定管理業務)の4業務を想定している。事業期間は、2022年11月の基本協定書の締結から2043年3月31日までの約20年間。調査では、事業の実施方針、実施体制・役割分担、整備スケジュールといった「全体計画」、特定公園施設、公募対象公園施設、利便増進施設(任意)に関する整備内容、指定管理についてなどの6項目に関して提案や意見を聞く予定だ。

整備時の事業スキーム(資料:郡山市)
整備時の事業スキーム(資料:郡山市)
[画像のクリックで拡大表示]
維持管理・運営時の事業スキーム(資料:郡山市)
維持管理・運営時の事業スキーム(資料:郡山市)
[画像のクリックで拡大表示]

 市はこれまで、2020年度に事前サウンディングやトライアル・サウンディング、2021年度にプレサウンディング調査を実施し、Park-PFI制度の導入を決めた。今後は2022年4月20日に公募を開始し、10月までに設置等予定者を決定、2024年4月の供用開始を目指す。