「NAVYAARMA」の外観イメージ(資料:SBドライブ)
「Dispatcher」の画面イメージ(資料:SBドライブ)
[画像のクリックで拡大表示]
想定する境町での運行ルート(資料:SBドライブ)
[画像のクリックで拡大表示]

 茨城県境町は、町内の移動手段として自律走行バス「NAVYA ARMA(ナビヤ・アルマ、仏Navya社製)」を2020年4月めど公道ルートで実用化する。定時・定路線で1日4便程度を運行し、運賃は無料を予定している。

 境町では、高齢化に伴う免許返納者の増加や鉄道駅の不足、バスやタクシードライバーの不足などの問題を抱えており、移動手段の拡充が喫緊の課題であった。今回の実用化に際して境町は、ソフトバンクの子会社であるSBドライブ(東京都港区)とマクニカ(横浜市)との3者で連携協定を締結。自律走行バスを運行させることを通じて地域や産業の活性化と町民サービスの向上に取り組む狙いだ。関連予算は5年間で5億2000万円を想定する。

 まず、初期の段階でSBドライブが保有するナンバー取得済みの「NAVYA ARMA」と、自動運転車両運行プラットフォーム「Dispactcher(ディスパッチャー)」を活用して町内の医療施設や郵便局、学校、銀行などをつなぐ往復約5kmのルートで自律走行バスを運行する。SBドライブは「Dispactcher」で複数の自動運転車両の運行を遠隔地から同時に管理・監視を行い、安全な運行管理を行う他、バスの運行を請け負う事業者のドライバーへのトレーニング、自動走行のためのルート設定、障害物などを検知するセンターの設定などを行う。

 その後、夏頃をめどに境町は仏Navya社の代理店であるマクニカから「NAVYA ARMA」を3台購入し、これらの車両での運行に切り替える予定だ。同社は各種センサーや車両整備のメンテナンスなど、境町での自律走行バスの運行をサポートしていく。SBドライブによると、定員11人以上の車両が一般利用者の移動手段として、特定の期間を限定せずに大半の区間を自律走行するのは国内では初めてだという。