愛知県はNTTドコモやトヨタ自動車、トヨタ紡織らと共同で、長久手市の愛・地球博記念公園(愛称・モリコロパーク)において、「屋外公共施設における新たな車室空間体験を伴う移動」をテーマに、トヨタ紡織が開発した自走運転コンセプト車両「MOOX(ムークス)」による自動運転の実証実験を行う。

トヨタ紡織の自動運転コンセプト車両「MOOX(ムークス)」(出所:NTTドコモ)
[画像のクリックで拡大表示]
MOOXでの体験イメージ(出所:NTTドコモ)
[画像のクリックで拡大表示]

 MOOXはXR(仮想現実、拡張現実、複合現実の総称)が体験できる自動運転車両。実験では、移動中の車内でゲームやライブ鑑賞などのエンターテインメントを体験し、自動運転の移動時における新たな体験と、安心・安全な車室環境の提供について実証する。自動運転は2月12~19日の期間に、園内大芝生広場を周回するルートで実施する。2月12日には夜間実証も行う。

 MOOXは、車内に透明ディスプレイや五感を刺激する装置などを搭載し、今回の実験では、移動中の車内で、走行位置に合わせてAR(拡張現実)によるゲームやライブを配信する。映像に合わせて座席が振動したり、香りが広がったりするほか、映像は、試乗者のジェスチャーに合わせて変化し、コンテンツとのインタラクティブ(相互作用的)な体験が可能だ。加えて、乗車時に非接触で体温を測定し、乗車後はシート座面に組み込まれたセンサーにより心拍数をモニタリングするほか、降車後は、自動除菌システムにより車両内に深紫外線を照射。最先端の安心・安全な車室環境を提供する。

 また、夜間走行の実証実験では小型プロジェクターを車内に搭載し、車両の走行に合わせて、キャラクターを光の中に出現させるプロジェクションマッピングを車両前方に投影。自動運転車両を活用した夜間エンターテイメントの可能性も実証する。

 これらの実証を行うほか、大芝生広場内には、遠隔からの映像で運行を監視する「遠隔監視席」も展示する。遠隔監視席には眠気制御システムや、路側カメラで写したルート上の模様を配信し、モニターに表示する機能などがあり、自動運転車両の安全運行の取組を確認できる。

 大芝生広場での自動運転は、2月12~19日の9~16時(昼休みあり)の時間帯に実施する。このうち一般の人が試乗できるのは、13日と14日の9~12時と、13時30分~16時の時間帯だ。両日とも当日の8時半から現地で先着順に受け付ける。試乗枠は各日20人程度で、満席になった時点で受付を締め切る。

 愛知県は、将来の自動運転サービスの実現を目指し、全国に先駆けて2016年度から自動運転の実証実験を開始している。2020年度は、2019度に引き続き内閣府の未来技術社会実装事業を活用して、地域ごとに想定されるビジネスモデルに沿った実証テーマを設定し、実証実験に取り組んでいる。今回の実験は、この取組の一環として実施するものだ。

 実証実験は、NTTドコモを主幹事会社とする共同体で実施する。共同体にはNTTドコモのほかトヨタ自動車、トヨタ紡織、JTB、アイサンテクノロジー、ティアフォー、岡谷鋼機、損害保険ジャパンが参画する。NTTドコモは、同社のXR技術を用いたモビリティの新たな価値創造と、テーマパークやスマートシティなどでの新しい移動体験の提供を目指しており、テーマパーク内の施設間を自動運転車両で移動することを想定して、今回の実証実験を実施する。

 自動運転のほか、会場では、トヨタ自動車が開発した、バーチャルツアーなどが体験できる自動運転コンセプト車両「SQUAL(スクォール)」と、移動式バリアフリートイレ「モバイルトイレ」も参考展示する。SQUALの車内には、乗客を取り囲むように3面の窓型ディスプレイがあり、ここに、NTTドコモのコンテンツ配信とVR(仮想現実)の技術を使って、愛知県内の観光施設や観光スポットを投影する。MOOXと同様の乗客のモニタリング機能も備え、安心・安全な車室環境のもとで、観光への誘導を目的としたバーチャルツアーを体験できる仕組みになっている。