臨海副都心・お台場エリアにおける運行経路(出所:東京都庁)
臨海副都心・お台場エリアにおける運行経路(出所:東京都庁)
[画像のクリックで拡大表示]
実証実験に使うトヨタ自動車「e-Palette」(出所:東京都庁)
実証実験に使うトヨタ自動車「e-Palette」(出所:東京都庁)
[画像のクリックで拡大表示]

 東京都は、臨海副都心の地域課題である回遊性の向上や、賑わいの創出につなげることを目指し、自動運転車両を用いた実証実験を行う。期間は2022年2月17日から3月10日まで。プロジェクト実施者は、全体統括および運用オペレーション設計を担当するMobility Technologies(東京・港区)、車両を提供するトヨタ自動車、自動運転システムを提供するティアフォー(名古屋市)の3社だ。

 今回の実証実験は、東京都が事業プロモーターとして日本工営に業務委託。その後、専門委員会がプロジェクト実施者として上記3社を選定した。また、自動運転車両向け保険提供などを担当するあいおいニッセイ同和損保、車内エンターテインメントコンテンツを提供するKDDI、NTTドコモ、トヨタ紡績も参画する。

 運行経路は臨海副都心シンボルプロムナード公園内。センタープロムナード(お台場ヴィーナスフォート前)〜セントラル広場(ダイバーシティ東京プラザ前)間を自動走行する。安全性に配慮し、車内にオペレーターを配置する。自動運転車両を活用した新しいモビリティサービスの事業性、受容性、有効性を検証する。

 実験で新たなモビリティサービスを提供することにより、自動運転車両運行・乗車時のUI(ユーザーインターフェース)/UX(ユーザーエクスペリエンス)、車内エンタメコンテンツ、人流の変化、法的・環境的課題などの検証・確認もあわせて行う予定だ。

 車内エンタメコンテンツについては、スマートグラスを装着し楽しむメタバースコンテンツを予定している。詳細は2月中旬以降に発表される予定だ。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、乗車体験の募集は行わず、「東京都や実証関係各社のメンバーなど関係者のみの乗車にて検証を行う予定」(Mobility Technologies)という。