全体イメージ(出所:春日井市)
[画像のクリックで拡大表示]
全体イメージ(出所:春日井市)

 愛知県春日井市は2022年2月1日、教育玩具・遊具の輸入・開発・販売などを手掛けるボーネルンド(東京都渋谷区)と協業して開発した子ども屋内遊び場「ぐりんぐりん」を開業した。市の北中部に位置する約24.8haの落合公園の一角に建つ「グリーンパレス春日井」の2階に整備した。運営管理(指定管理者)は日本デイケアセンター(千代田区)。

 遊び場の広さは約1200m2。0歳から小学生までの子どもと保護者が利用できる。乳児向けの「ベビーエリア」や、幼児の知育に適した遊具を揃えた「ロールプレイエリア」、トランポリンやボールプールなどを配置し、幼児が体を使って遊べる「アクティブエリア」、小学生向けの大型遊具を配置した「チャレンジエリア」の4つのエリアで構成。さらに、授乳室やおむつ交換室、休憩スペースを備えている。また、施設の内装には春日井市の特産品である「春日井サボテン」をあしらった。

■「ぐりんぐりん」を構成する4つのエリア
ベビーエリア。赤ちゃんの目線で見え隠れするように遊具を配置することで好奇心を喚起する(写真:春日井市)
ベビーエリア。赤ちゃんの目線で見え隠れするように遊具を配置することで好奇心を喚起する(写真:春日井市)
[画像のクリックで拡大表示]
ロールプレイエリア。じっくり考えるあそびや、ブロック遊び、ごっこ遊びなど、創造的な思考や社会性を育む遊具や舞台がある(写真:春日井市)
ロールプレイエリア。じっくり考えるあそびや、ブロック遊び、ごっこ遊びなど、創造的な思考や社会性を育む遊具や舞台がある(写真:春日井市)
[画像のクリックで拡大表示]
アクティブエリア。スピードを出して駆けたり、慎重にバランスを取りながら渡ったりと、運動の基礎となる多様な動きが体験できる(写真:春日井市)
アクティブエリア。スピードを出して駆けたり、慎重にバランスを取りながら渡ったりと、運動の基礎となる多様な動きが体験できる(写真:春日井市)
[画像のクリックで拡大表示]
チャレンジエリア。遊びながら高度な体の動かし方が自然と身につき、できたときの達成感が味わえる(写真:春日井市)
チャレンジエリア。遊びながら高度な体の動かし方が自然と身につき、できたときの達成感が味わえる(写真:春日井市)
[画像のクリックで拡大表示]

 ぐりんぐりんには「プレイリーダー」と呼ばれるスタッフが常駐し、子どもたちに遊びを提案したり、遊びが発展するようにいざなったりする。ボーネルンドは施設の設計や遊具の配置などのほか、このプレイリーダーの育成・研修などを担当した。

 利用は事前予約制で、1日を9:00~11:30/12:30~15:00/15:30~18:00の3クールに分けてインターネットで予約を受け付けている。利用料は1人1回100円(3歳以下は無料)。小学生以上は保護者同伴でなくても利用できる。小学生向けの遊具や学習スペースを充実させたり、プレイリーダーが安全面に目配りすることで、子どもだけでの来館を可能にしたという。

 ぐりんぐりんが2階に入ったグリーンパレス春日井は、会議室や宿泊室、体育館、テニスコートなどから成る施設で、公益財団法人春日井市スポーツ・ふれあい財団が運営している。1975年に勤労福祉会館として竣工し、2021年4月~2022年1月に16億円をかけてリニューアル工事を行った。工事内容は、劣化した内外装や設備の回復または更新、内装仕上げの改修、そしてこの遊び場の設置などだ。