大阪府、京都府、奈良県にまたがる京阪奈丘陵に位置する関西文化学術研究都市(以下、けいはんな学研都市)の京都府精華町エリアにおいて、2021年2月13日から19日まで自動運転サービスの実証実験が行われる(15日を除く)。実施者はWILLER(大阪市)、ST Engineering(シンガポール)、けいはんな(京都府相楽郡精華町)、ピノス(京都府向日市)。

自動運転の車両は精華台1~5丁目の住宅地とけいはんな記念公園をまわる約4.8キロのルートを走行する(出所:WILLER)
自動運転の車両は精華台1~5丁目の住宅地とけいはんな記念公園をまわる約4.8キロのルートを走行する(出所:WILLER)
[画像のクリックで拡大表示]
実験で使用する電気自動車のNAVYA ARMA。車両上部に車両の位置を測定するための衛星測位システムのGNSSアンテナがあり、障害物を探知する3D LiDARや2D LiDARを搭載する(出所:WILLER)
実験で使用する電気自動車のNAVYA ARMA。車両上部に車両の位置を測定するための衛星測位システムのGNSSアンテナがあり、障害物を探知する3D LiDARや2D LiDARを搭載する(出所:WILLER)
[画像のクリックで拡大表示]

 実証実験では、コロナ禍でも安心して外出することができ、地域住民の健康増進と経済活性化を図る「けいはんなモデル」の検証を実施する。現在、在宅勤務や巣ごもりなどのコロナ禍による外出機会の減少により、運動不足やストレスの増加、地域経済の鈍化が問題視されている。このことを受けての取り組みだ。

 WILLERはすでに2020年12月、同じけいはんな学研都市で自動運転の技術実証実験を実施しており、安全性や運行計画の妥当性を検証している。今回は、この12月の実験結果を受けて、運行コストの明確化、受容性・利便性・事業性を評価するもので、高齢者や在宅勤務者に健康プログラムや快適なテレワーク環境などを組み合わせた移動サービスを提供する。

 具体的には、高齢者向けサービスとして「自動運転の車両に乗車し、プロのトレーナーによるフィットネスプログラムを受講する」(2月16日~19日)、在宅勤務者向けサービスとして「自動運転の車両とシェアサイクルで移動し、プロのトレーナーによるフィットネスプログラムを受講、さらにホテルの一室でテレワークを体験」(2月13日、14日)を予定する。

 実験では、WILLERがサービス企画と自動運転バスの導入・運行、けいはんながテレワーク会場となるけいはんなプラザホテルの運営、ピノスが健康プログラムの開発・運営、フィットネスアプリの提供、モニター募集を担当する。

 自動運転の車両は、フランスNAVYA SASの電気自動車NAVYA ARMA(定員14名)を使用する。WILLERが運行全体の統括管理、実証内容の企画およびオペレーションを行い、ST Engineeringが自動運転の技術設計やナレッジの共有、ソフトバンクグループのBOLDLY(東京都千代田区)がセーフティオペレーターのトレーニング、3Dマッピング、およびルート設定などの技術を提供する。また、地元の交通事業者である奈良交通(奈良県奈良市)が安全面の検証で協力する。

 同実験は京都府による「コロナ社会対応ビジネスモデル創造事業補助金」の「チャレンジプロジェクト」に採択されており、京都府は実施費用の一部を補助する(金額は非公表)。実験の舞台となる精華町は、モニターとなる住民の募集などで協力する。

この記事のURL https://project.nikkeibp.co.jp/atclppp/PPP/news/021101881/