神戸市はスペースマーケットと共同で、スペースを簡単に貸し借りできるWebプラットフォーム「スペースマーケット」を活用した飲食店支援・テレワーク推進支援を目的とする実証事業「KOBE Work Space Share」を実施する。自治体がスペースシェア事業者との連携により、飲食店支援を行うのは全国初の取組み。事業の実施期間は2021年2月4日~3月31日までの約2カ月間を予定。

利用のしくみ(資料:神戸市)
[画像のクリックで拡大表示]

 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言発出に伴い、飲食店は大きな影響を受けている。そこで、神戸市ではこの実証事業を通じて、飲食店内の稼働していない空席をワークスペースとして活用する機会を創出することにより、経済活動の維持や働き方のバリエーション向上の一助になるか検証を行っていくという。

 テレワークできる場所を探している就業者は、「スペースマーケット」のサイトから希望の店舗と利用の日付、時間を指定し、予約して利用する。利用料は1席1時間100円。対象店舗で利用できる5%割引クーポンも配布されている。1人での利用が前提で、飲食の持込みができるのは水、お茶のみ。感染症対策を徹底が求められる。サービス利用者の居住地・勤務地は問わない。

 また、事業に参加する飲食店には、テレワーク用スペースのサービス利用手数料の30%の半額分を神戸市とスペースマーケット助成する。参加できるのは中小企業基本法第2条に規定する中小飲食店・インターネット・電源環境を利用者に提供できる店舗で、サービスの利用時間は20時まで。なお、今後参加を検討する飲食店向けにオンラインでの説明会も実施(2月10日に終了)を行うなど、参加店舗を増やしたい考え。