地域新電力に資金支援はせず

 また、FITでは、「特定卸供給」の制度により、小売電気事業者が特定の再エネ事業者から電気(FIT電気)を調達できる。この仕組みでは、卸料金は市場価格になるため、今回の市場価格高騰により、同制度を利用した小売事業者は、高額な料金支払いを余儀なくされ、資金繰りが悪化しかねない状況になっている。特に、FIT電気を積極的に活用してエネルギーの地産地消を目指している地域新電力の多くが、苦境に陥ることが懸念されている。

 そこで、経産省は、特定卸供給に伴う小売電気事業者の料金支払いに関して、猶予措置を講じるとした。2月15日以降に支払期日が到来する最初の1カ月の再エネ卸供給料金を対象として、一律に支払期日が4月15日まで延長され、さらに、事業者が一定の要件を満たせば、最長7月15日まで支払期日が延長されるとしている。

支払期日の猶予イメージ
(出所:経産省)
[画像のクリックで拡大表示]

 特定卸供給の利用で苦境に陥っている小売電気事業者に対しては、送配電事業者に生じた収支余剰を使って救済すべきという意見もあったが、「FIT制度は、発電事業者の再エネ投資を国民負担で支える制度であり、小売電気事業者の再エネ電気の調達を国民負担で支えることは目的ではない」との事務局の考え方を支持する委員が大勢を占めた。

 これにより、地域新電力など「FIT電気」を多く調達している小売電気事業者は、独自に支援者を探して増資するなど、独力での資金確保を迫られることになる。