2019年7月~8月にトライアル・サウンディングとして行われた「里山ワークショップ」のチラシ(資料提供:常総市)
[画像のクリックで拡大表示]

 茨城県常総市では、農業体験型テーマパーク「水海道あすなろの里」のトライアル・サウンディングを実施中だ。当初の募集期間は2019年4月1日から12月末までだったが、2020年3月末まで期間を延長して民間事業者の募集を行っている(関連記事 注:同時期に募集を開始した吉野公園の募集は終了している)。

 トライアル・サウンディングとは、行政機関が保有する公共施設などの暫定利用を希望する民間事業者を募集し、一定期間、実際に使用してもらう制度のこと。事業者は行政機関は集客力や採算性などについて報告書を提出し、行政機関は民間活用の公募を行う際などの参考にする。公共R不動産(サイト運営:R不動産、事務局:オープン・エー)が提唱し、常総市が国内で初めて採用した手法だ。

 「水海道あすなろの里」ではこれまでに4件のトライアル・サウンディングが実施されている。概要は以下の通り。

  • 2019年5月2日~3日 かけっこ教室×親子キャンプイベント「かけっこキャンプ」
    1泊2日のキャンプイベント。専門のトレーナーと一緒にかけっこの練習やバーベキューなどを行うというもの。事業主体:スペースキー
  • 2019年7月14日・28日・8月11日・18日 クラフトワークショップイベント「里山ワークショップ」
    「浴衣に似合う髪飾り」「クラフトテープで作る多肉風リース」などをつくるワークショップ。事業主体:L*Oiseau bleu ~kotori~
  • 2019年11月16日~17日 本×音楽×キャンプをテーマにしたアウトドアイベント「森の生活」
    本や食などをテーマとしたコンテンツを用意した1泊2日のキャンプイベント。事業主体:日本出版販売 YOURS BOOK STORE、Wonder Wanderers
  • 2019年12月7日~8日 キャンプ×音楽フェス「ロマンチストとシャングリラ」
    “キャンプと音楽で繋がるコミュニティを作りたい”いうコンセプトのキャンプフェス。事業主体:Love Me Caravan from OWLMAN BLOSSOM