事業スケジュールと外観イメージ(資料提供:国土交通省)
[画像のクリックで拡大表示]

 国土交通大臣は、名古屋テレビ塔全体改修工事を「民間誘導施設等整備事業計画」に2月12日に認定した。認定を受けた民間事業者は民間都市開発推進機構(MINTO機構)による出資などの支援が受けられる。名古屋テレビ塔の認定は全国で3例目。

 名古屋テレビ塔の改修工事は2019年2月に着工、今年7月にリニューアルオープンする。免震改修と合わせ、展望施設、ハイグレードホテル、レストラン、ギャラリーや展示施設を整備する。1階には、同時期に再整備を終えて供用開始する久屋大通公園との一体感あるカフェを設ける。音楽・スポーツイベントや地産地消マーケットなども計画する。

「民間誘導施設等整備事業計画」とは、市町村が定めた「立地適正化計画」における「都市機能誘導区域」に、誘導すべき機能を備えた建築物を整備するとき、その民間事業者が作成した事業計画を国土交通大臣が認定するもの。