トライアル・サウンディング開催時のチラシ(出所:名護市)
トライアル・サウンディング開催時のチラシ(出所:名護市)
[画像のクリックで拡大表示]

 沖縄県名護市は2022年2月28日、「21世紀の森公園」の周辺エリアで2021年11月から12月にかけて実施したトライアル・サウンディングについて、利用者などを対象にしたアンケートの結果を発表した。

 21世紀の森公園は名護湾に面し、人工ビーチ、野球場、イベントドーム、多目的広場(サッカー・ラグビー場)などの施設を持つ総合公園。名護市は同公園周辺エリアの施設について、官民が連携して運営する公募設置管理制度(Park-PFI)の導入に向けた条件の検討を進めている。その一環として、施設の暫定的な利用を希望する民間事業者を募集し、集客性や採算性を実際に確認してもらう目的で、トライアル・サウンディングを実施していた関連記事

 今回のトライアル・サウンディングで実施したイベントは以下の通り(カッコ内は事業者名)。

  • 砂浜や芝生エリアでのファミリーやカップルのフォト撮影
    (古宇利島ビーチサイド)
  • 芝生エリアでのコンディショニングレッスン(SWITCH Labo.)
  • マリンジェットや電動キックボードなどの体験(レンタルショップRimo)
  • バナナボートなどのマリンレジャー・マリンアクティビティー(ザ・ガード)
  • 修学旅行生向けマリンアクティビティー(シーサー)

 市は、トライアル・サウンディングの実施と併せ、イベント利用者、市民、実施事業者へのアンケートや、名護市商工会などのステークホルダーにヒアリングを行った。イベント利用者へのアンケート(回収数223)で最も満足度が高かったイベントは、マリンレジャー・マリンアクティビティーで「満足している」が72.7%。他を大きく引き離した満足度だった。また、イベント利用を目的に来園した人は少なく、「知らずに来援した」という人が86.8%に上った。

上はトライアル・サウンディングで実施したイベントに対する満足度。右はイベントの存在を知った情報媒体(出所:名護市)
上はトライアル・サウンディングで実施したイベントに対する満足度。右はイベントの存在を知った情報媒体(出所:名護市)
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]