開発中の別府市観光アカウント画面(出所:LINE Fukuoka)
[画像のクリックで拡大表示]

 大分県別府市はLINEの子会社であるLINE Fukuoka(福岡市)と協力して観光に関するLINE公式アカウント(以下、別府市観光アカウント)を開設し、2020年7月から2021年3月末まで観光客の満足度を高めるための実証実験を実施する。

 実験では、観光客が別府市観光アカウントをLINEに「友だち追加」すると、別府市内にある温泉や観光スポットを「現在地からの距離」「エリア」「カテゴリー」に基づいて検索できるようにする。このほか、別府市民から公募したおすすめ観光ルートを表示したり、観光地の詳しい情報を共有したりする機能も提供する。

 LINE Fukuokaは、福岡市とのまちづくり事業「LINE SMARTCITY FOR FUKUOKA」でLINE公式アカウントを使ったごみ収集受付などの機能を開発している(福岡市LINE公式アカウントのお知らせ)。別府市はLINE Fukuokaとの間で「地域協働事業に関する基本合意書」を2020年2月25日に締結しており、今後はLINE SMARTCITY FOR FUKUOKAをモデルに、AI(人工知能)やFinTechなどの先端技術を活用した未来志向のまちづくり事業に取り組んでいくとしている。

 別府市観光アカウントの実証実験は、こうした取り組みの1つとなる。別府市観光アカウントとは別に、2019年10月に開設した別府市公式アカウントについても、福岡市で提供中の「粗大ごみ収集の受付と料金の支払い」の機能や、別府市のニーズに合わせた独自機能を随時追加していく。