基本構想の位置付け(出所:当別町)
基本構想の位置付け(出所:当別町)
[画像のクリックで拡大表示]
整備手法の比較。DB(デザインビルド)、ECI(アーリー・コントラクター・インボルブメント)は従来方式に含む(出所:当別町)
整備手法の比較。DB(デザインビルド)、ECI(アーリー・コントラクター・インボルブメント)は従来方式に含む(出所:当別町)
[画像のクリックで拡大表示]

 北海道当別町は、建て替えを予定している当別庁舎の基本構想について、パブリックコメントを募集している。募集期限は3月31日まで。現在使用している当別庁舎は、1970年の建設から約50年が経過し、雨漏りや床の傾斜が発生するなど老朽化が著しく進行している。さらに耐震基準を満たしておらず、バリアフリーにも非対応となっている。そのため、町では新庁舎の建設を検討することになった。

 構想では、新庁舎建設における基本方針として以下の5点を挙げた。

  1. まちづくりに寄与する
  2. 災害に強く、危機管理拠点となる
  3. 利用環境に優れたひとに優しい庁舎
  4. 環境に配慮し、長く有効的に活用できる
  5. 当別町の魅力を発信する庁舎

 また、新庁舎の延べ面積は5140m2、建設事業費約40億2000万円と試算している。

 整備手法については、リース方式、BTO(Build Transfer and Operate)によるPFI方式を高く評価した。構想ではそのほか、建設候補地や、複合する施設(図書館、文化センター機能、民間施設ほか)などについても検討を加えている。スケジュールについては今後策定する基本計画で検討していく。