御前崎市観光物産会館(出所:御前崎市)
[画像のクリックで拡大表示]
観光物産会館2階にある商工振興室跡の現況(出所:御前崎市)
[画像のクリックで拡大表示]
調査から契約締結までのスケジュール(出所:御前崎市)
[画像のクリックで拡大表示]

  静岡県御前崎市は、御前崎港近くにある観光物産会館のテレワーク施設整備、および同施設の管理運営を希望する民間事業者を対象に、サウンディング型市場調査を実施する。御前崎市は、同館2階の商工振興室跡を改修して、テレワーク用のコワーキングスペースとして活用できないかを検討している。今回の調査では、事業者に対して、テレワーク施設の市場性の有無、活用案などをヒアリングし、改修工事や運営体制の検討材料とする。

 調査への参加申し込み締切日は、2021年3月26日。4月5日から9日まで御前崎市役所会議室での対面形式、またはZoomを使ったビデオ会議形式で30分から1時間程度の個別ヒアリングを実施し、4月下旬に実施結果の概要を公表する。ヒアリングの内容は、想定事業内容や運営体制、運営のスキーム(賃貸か指定管理か)、整備のイメージ。市は、テレワーク施設だけでなく、観光物産会館全体の運用、さらに周辺施設を活用した賑わい創出事業についても検討を進めており、ヒアリングでは会館全体や周辺施設を含めた管理運営の可能性についても調査する。

 今後は、2021年6月にプロポーザルを実施して事業予定者を決定し、7月に契約を締結。テレワーク施設の運営開始は2022年度以降を予定する。施設を整備するための設計・工事費用は、上限1980万円(税込み)で御前崎市が負担する。

 御前崎物産会館は、鉄筋コンクリート2階建て(一部4階)。竣工は1995年2月28日、延床面積は1209.46m2で、このうちテレワーク施設の整備対象となる商工振興室跡の延床面積は125.3m2となる。海水浴場となるビーチ、芝生広場、オートキャンプ場がある海浜公園のマリンパーク御前崎、地元の水産物やお土産などを販売する御前崎海鮮なぶら市場が100mほどの距離に位置する。