福井県永平寺町で2021年3月25日、日本初となるレベル3無人自動運転サービスの本格運行がスタートした。京福電気鉄道永平寺線の廃線跡に設置された町道「永平寺参ロード」の荒谷~志比(永平寺門前)の約2㎞において、レベル3の自動運行装置「Zen drive Pilot」を搭載した電動カートを走行させる。永平寺町からの業務委託を受けたまちづくり株式会社ZENコネクト(永平寺町)が運営する。

自動運行装置の主な構成(出所:経済産業省)
[画像のクリックで拡大表示]

 永平寺町では2020年12月から、レベル2の自動運行装置を搭載した自動運転車を試験運行してきた。これは、1人の運転手が3台の車両を遠隔地から常時監視・操作するというもので、安全確保のための保安要員も車両に同乗していた。運行区間は、平日が永平寺参ロードの東古市(えちぜん鉄道永平寺口駅裏)~志比の約6km、休日が荒谷~志比の約2㎞、運賃は大人が片道100円、中学生以下が同50円。今回の本格運行では、このうち荒谷~志比の約2㎞がレベル3の自動運転となる。

 レベル3の自動運転は、特定条件の範囲内であれば自動運行装置が人間に代わって運転操作するため、レベル2のように常時監視する必要がなく、保安要員の同乗も不要になる。永平寺町の本格運行で使用する自動運行措置は、経済産業省・国土交通省の委託を受けた国立研究開発法人産業技術総合研究所が開発したもので、2021年3月5日に国土交通省中部運輸局からレベル3の認可を得ている(国土交通省中部運輸局の発表資料:PDF)。

 ベースとなる車両はヤマハ発動機の電動カートを使用しており、福井県の図版入りナンバープレートを装着する。最大速度は時速12km。カメラや3D-LiDARで外界の障害物を検知するとともに、GPS(全地球測位システム)と地図情報で車両の位置を把握する。永平寺参ロードの運行区間には電磁誘導線が敷設されており、車両は電磁誘導線からの磁気をRFIDで認識しながら常に誘導線の上を走行する。