長崎県大村市は2022年3月24日、大和ハウス工業(大阪市、代表構成員)と日本エスコン(東京都港区)、イズミ(広島市)で構成されるグループと「新大村駅前市有地開発事業」関連記事における基本協定を締結した。同グループが大村市から土地を購入し、分譲マンションや商業施設などを開発する。2023年4月に全施設着工し、2024年秋の竣工を予定している。

イメージパース(資料:大村市)
イメージパース(資料:大村市)
[画像のクリックで拡大表示]
事業箇所の平面図(資料:大村市)
事業箇所の平面図(資料:大村市)
[画像のクリックで拡大表示]

 新大村駅は、2022年9月に西九州新幹線の開業に伴ってオープンする新駅。長崎自動車道大村インターチェンジから約1km、長崎空港から約4kmと、広域への交通利便性が高い。大村市は、西九州新幹線の開業に合わせて、「新大村駅周辺土地区画整理事業」を進めている。

 新大村駅の東側エリアでは、「Convenient(利便性の高いまち)」「Meet-up(出会いのまち)」「Relax(くつろぎのまち)」「Transport hub(交通の拠点となるまち)」の4つの方針を掲げ、2021年6月に事業提案を公募。3事業者から提案があり、2022年1月、大和ハウス工業を代表とするグループが優先交渉権者に選定されていた。

 提案する事業では、開発エリアを「都市型住居ゾーン」「沿道商業ゾーン」「生活充実型ゾーン」に分けて、地域住民や遠方からの来訪者の利便性向上を図る。「都市型住居ゾーン」では、ファミリー世帯に向けて174戸の分譲マンションを開発。共用部にコワーキングスペースを設置する。

 主要幹線道路からアクセスできる「沿道商業ゾーン」は、イズミが運営する総合スーパーマーケット「ゆめマート(仮)」が大村市に初出店して、生活必需品を扱う店舗を集める。「生活充実型ゾーン」には、生活雑貨店などの商業施設を誘致するほか、タクシー乗り場や電気自動車充電スタンドなどを設置。また、交通機関の待ち時間に利用できるカフェやファストフード店、地元の飲食店なども誘致する予定だ。

 この事業では、地域住民の生活サービスやレジリエンスを強化するため、「コミュニティ形成」「健康」「安心・安全」「地域連携」「SDGs」に関する取り組みを長期的に行う。例えば、エリアマネジメント組織の組成、イベントの開催、防災拠点としての活用、再生可能エネルギーの活用や太陽光パネルの導入などが予定されている。