国土交通省が主導する3D(三次元)都市モデル整備プロジェクト「Project PLATEAU」は2021年3月26日、2020年事業として整備した全国56都市の3D都市モデルを、社会基盤情報流通推進協議会の「G空間情報センター」を通して順次公開すると発表した。第一弾として、東京都23区の3D都市モデルのオープンデータを公開した。同プロジェクトは、日本全国の3D都市モデルをオープンデータとして公開し、まちづくり、防災、AR(拡張現実)・VR(仮想現実)など多様な用途に活用してもらうことで、「全体最適・持続可能なまちづくり」や「機動的で機敏なまちづくり」の実現を目指している(公式ウェブサイト「PLATEAU ver.1.0」)。

新宿副都心の3D都市モデル。公式ウェブサイト内のウェブアプリケーション「PLATEAU VIEW」でプレビューしたもの(出所:Project PLATEAU)
新宿副都心の3D都市モデル。公式ウェブサイト内のウェブアプリケーション「PLATEAU VIEW」でプレビューしたもの(出所:Project PLATEAU)
[画像のクリックで拡大表示]

 3D都市モデルとは、現実の都市を3Dサイバー空間に再現したもので、地形や建物の高さを加味した3D地図を基に、建築物の名称や用途など各種の属性情報が付加されている。このモデルを応用することにより、都市計画立案の高度化や都市活動のシミュレーション、分析などが可能になるとしている。

 Project PLATEAUは、3D都市モデルの用途開発も行った。「まちづくり」、「防災」、「都市活動モニタリング」などのカテゴリで26のユースケースを設定し、自治体、民間企業、大学・研究機関と連携しながら実証実験を実施。その結果をウェブサイトで公開した(実証実験結果)。

 まちづくりのユースケースの一つとして、名古屋市で都市構造の変遷を可視化するための実証実験を行った。1991年から2017年の都市計画基礎調査における「建物利用現況」と「土地利用現況」を3D都市モデルの属性情報として取り込み、属性情報に合わせて建物を色分けした後、過去から現在までの6時点で3D都市モデルを比較した。市内各地区の特性を分析し、地区の将来イメージを検討するのに役立つという。

都市計画基礎調査の「建物利用現況」に基づいて、名古屋市内の建物を色分けした3D都市モデル(出所:Project PLATEAU)
都市計画基礎調査の「建物利用現況」に基づいて、名古屋市内の建物を色分けした3D都市モデル(出所:Project PLATEAU)
[画像のクリックで拡大表示]

 この実証実験結果は、各自治体のコンパクトなまちづくり(都市機能の立地適正化、土地の高度利用促進、スプロールの抑制など)や公共交通網の分析・検討(都市間比較)などでの応用が期待されている。実施事業者は日立製作所、パナソニック、アジア航測。