内幸町一丁目街区の完成イメージ(出所:三井不動産)
内幸町一丁目街区の完成イメージ(出所:三井不動産)
[画像のクリックで拡大表示]
計画概要(出所:三井不動産・一部加工)
計画概要(出所:三井不動産・一部加工)
[画像のクリックで拡大表示]
道路上空公園などによって回遊性を向上し歩行者ネットワークを構築する(出所:三井不動産)
道路上空公園などによって回遊性を向上し歩行者ネットワークを構築する(出所:三井不動産)
[画像のクリックで拡大表示]
街区と日比谷公園をつなぐ道路上空公園のイメージ(出所:三井不動産)
街区と日比谷公園をつなぐ道路上空公園のイメージ(出所:三井不動産)
[画像のクリックで拡大表示]

 東京都千代田区の再開発プロジェクト「内幸町一丁目街区」の開発を推進する事業者(関係権利者、親会社を含む)10社は3月24日、同街区の事業構想「TOKYO CROSS PARK構想」を発表した。隣接する日比谷公園と同街区を道路上空公園でつなぎ、日比谷・内幸町エリアの回遊性を高める一体的な街づくりを推進する。

 同街区は、都心最大級の延床面積約110万m2の開発プロジェクトになる。北地区・中地区・南地区の3つの地区で構成され、地区間が連携して一体的な街づくりを推進する。計画地に帝国ホテル新本館と3棟の超高層ビルを建設するとともに、日比谷公園の間を走る日比谷通りを跨ぐデッキ状の道路上空公園を構築する。工事開始は2022年度から、全体の完成は2037年度以降の予定だ。

 道路上空公園は、有楽町側と内幸町側の2カ所に架構し、エリアの回遊性を高める。民間開発で整備した後、東京都に移管して都立公園とする計画だ。制度活用や管理運営などの詳細については未定。

 このほかにも、人工地盤上に都心最大級となる面積2haの大規模広場や高さ31mの基壇部上広場、周辺駅や都心主要拠点をつなぐ地下・地上結節空間などを整備し、駅・まち・公園一体の歩行者ネットワークを形成する。なお、大規模広場や基壇部上広場は、民間敷地内の広場となる。

 北地区には帝国ホテル新本館と、オフィス・商業施設・サービスアパートメント・賃貸住宅などを備えたノースタワーを整備する。中地区にはオフィス・ホテル・ホール・宴会場・産業支援施設などを備えたセントラルタワー、南地区にはオフィス・ホテル・ウェルネス促進施設などから構成されるサウスタワーを整備する。

 参画事業者は、NTTアーバンソリューションズ、公共建物、第一生命保険、中央日本土地建物、帝国ホテル、東京センチュリー、東京電力ホールディングス、日本電信電話(NTT)、東日本電信電話(NTT東日本)、三井不動産の10社。マスターデザイン・空間づくりには、英国ロンドンを拠点に活動する設計事務所のPLPアーキテクチャーを起用した。