和歌山県白浜町は、合併後から取り組んでいる行財政改革の一環として2020年4月1日から海水浴場の清掃や環境整備などをはじめとする8業務について、シダックス大新東ヒューマンサービス(以下、SDH)への包括業務委託を開始した。事業期間は4月1日から2022年3月31日までの2年間。委託金額は2年間で5億5560万5600円を予定している。民間活力を活用することで、住民サービスの維持向上を目指す狙いだ。

 委託する具体的な業務は、(1)公園・海岸・道路等環境整備等業務、(2)公園環境整備等業務、(3)浴場施設受付対応等業務、(4)監理事務等業務(5)給食調理等業務(6)通学バス運行管理等業務、(7)図書館受付対応等業務、(8)阪田町営施設受付対応等業務。

包括業務委託の対象となった施設の一部(出所:シダックス)
[画像のクリックで拡大表示]

 SDHは町がこれまで約100人規模で担ってきた業務を包括的に受託する。業務に携わってきた職員全員をSDHが雇用するとともに新たに現地で採用し、地域の雇用促進につなげる。

 シダックスグループは、全国で小中学校、病院・高齢者施設などでの食事提供業務を始め、公用車やコミュニティバス、スクールバ スの車両運行管理、学童保育、図書館、観光施設の管理運営などのサービスを提供する。SDHはシダックスグループの事業会社で、公共施設の運営や学校給食、自治体業務などの受託運営を行っている。

この記事のURL https://project.nikkeibp.co.jp/atclppp/PPP/news/040701514/