• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ニュース

記事一覧

北大阪「健都」でグンゼ子会社がフィットネスクラブ、行政や周辺医療機関とも連携へ

山田 雅子=ライター【2018.4.23】

「(仮称)グンゼスポーツ岸辺」が入る複合商業施設「VIERRA岸辺健都」イメージ(グンゼの発表資料より)
[画像のクリックで拡大表示]
北大阪健康医療都市の各エリア(北大阪健康医療都市のウェブサイトより)

 アパレルメーカー、グンゼの子会社であるグンゼスポーツ(兵庫県尼崎市)は、2018年秋、JR岸辺駅前で開発中の北大阪健康医療都市(健都)内の複合商業施設に、フィットネスクラブをオープンする。行政や周辺医療機関と連携して運動指導などを実施していく計画だ。

 フィットネスクラブの名称は「(仮称)グンゼスポーツ岸辺」。マシンジム、スタジオ、多目的スペース、プール、温浴設備などを備え、延べ床面積は2762m2だ。健都内にJR西日本が整備中の複合商業施設「VIERRA岸辺健都」の5階にオープンする。

 「VIERRA岸辺健都」は、健都の核となる国立循環器病研究センターと市立吹田市民病院の間の場所にあり、スーパーマーケットの平和堂、クリニックモール、子育て支援施設や高齢者健康施設、ビジネスホテルの「(仮称)カンデオホテルズ大阪吹田(健都)」などから成る。グンゼスポーツ岸辺は、行政や周辺医療機関、ビルのテナントと連携し、イベントなどを通じて、健都のコンセプトである「健康・医療のまちづくり」に貢献していく。

 具体的には、健都の遊歩道を利用し、会員以外の一般ユーザーを対象にしたランニング教室、健康維持やメタボ予防のための運動と食事指導のセミナー、行政や近隣医療機関と連携した運動指導、カンデオホテルズ大阪吹田の宿泊客への特別料金での利用提供などを実施する計画だ。

 健都は、JRの吹田操車場跡地の再開発で、大阪府吹田市と摂津市の両市にまたがる場所にある。2019年度に国立循環器病研究センターが移転、オープンを予定し、VIERRA岸辺健都を挟んだ隣地では、吹田市立吹田市民病院が2018年度中の移設・開院をめざしている。吹田市と摂津市は、両医療機関を核に、健康・医療のまちづくりを進めており、公園、住居、複合商業施設、企業や大学の研究機関などの進出を見込む健都イノベーションパークなどを整備する計画だ。

企画・運営
  • 日経BP総研
お知らせ
健康ソリューション

<注目!>医療、福祉、スポーツ、ウォーキング、食育……「健康」と地域活性化を結び付けた取り組みが活発化しています。

記事サーチ

都道府県別記事一覧

「新・公民連携最前線」の掲載記事を都道府県別にご覧いただけます。「地方創生」「CCRC」「コンセッション」など注目キーワードの記事一覧も用意しました。

ページトップへ