徳島市は、公民連携のワンストップ窓口を企画政策部企画政策課に設置。2021年4月13日に「徳島市SDGs公民連携プラットフォーム」をスタートさせた。CSRやSDGsに資する取り組みを行いたい民間事業者のニーズを、地域の課題解決に結びつけることが狙いだ。

事業の基本フロー図(資料:徳島市)
事業の基本フロー図(資料:徳島市)
[画像のクリックで拡大表示]

 対象となる事業は、原則、市の財政負担がなく、連携協定を結んだうえで官民が協力して実施する事業だ。徳島市はこれまでも民間事業者と連携協定を結んできているが、対応は案件ごとに個別の担当部署が行っていた。照会先を一本化することで民間事業者が相談しやすい体制を整えた。応募は通年で受け付ける。提案を事業化する際、政策分野が複数にわたる場合は「包括連携協定」を、単独の場合は「個別連携協定」を締結する。

 市が連携を進める事業は「リクエスト型事業」と「オファー型事業」の2つ。リクエスト型事業では、市が設定した連携項目について提案やアイデアなどを募集する。4月13日時点では「SDGsに関する取組についての協力」や「市政情報の発信についての協力」など9項目について、民間事業者を募集している。もう一つの「オファー型事業」では、リクエスト型事業の項目に含まれない提案やアイデアを受け付ける。

9つのリクエスト型事業(2021年4月28日時点)の主な内容。市の費用負担なしの提案が原則だが、一部事業では市の支出も想定されている(徳島市の資料を一部加工)
9つのリクエスト型事業(2021年4月28日時点)の主な内容。市の費用負担なしの提案が原則だが、一部事業では市の支出も想定されている(徳島市の資料を一部加工)
[画像のクリックで拡大表示]

 提案の申し込みは、所定の提案シートに記入して企画政策課(ワンストップ窓口)に提出する。リクエスト型事業については、担当する所管課へ直接申し込むことも可能だ。市内に本社や支店、事務所などのない企業、法人、団体などでも提案できる。

更新履歴
徳島市の情報提供により、9つのリクエスト型事業の表を2021年4月13日時点の情報から4月28日時点のものに更新しました。 [2021/4/28]