国立大学法人神戸大学、NTTドコモ、メディカロイド(神戸市)は2021年4月16日、商用5G(第5世代移動通信システム)ネットワークを介して、メディカロイドの手術支援ロボット「hinotoriサージカルロボットシステム」を遠隔操作する模擬手術の実証実験を実施したと発表した。NTTドコモによると、商用5Gを使った手術支援ロボットの遠隔操作の実証実験は世界初になるという。

 同実験では、神戸医療産業都市(神戸市中央区港島南町)にある神戸大学医学部附属病院国際がん医療・研究センター(ICCRC)と統合型医療機器研究開発・創出拠点(MeDIP)の2カ所を、NTTドコモの商用5Gネットワークで接続。ICCRC側の「サージョンコックピット」から、MeDIP側の「オペレーションユニット」を遠隔操作して、模擬手術を行った。

ICCRC側のサージョンコックピット(写真左)からMeDIP側のオペレーションユニット(同右)を遠隔操作し、模擬手術をしている様子(出所:神戸大学、NTTドコモ、メディカロイド)
[画像のクリックで拡大表示]

 サージョンコックピットは、hinotoriサージカルロボットシステムの操作ユニット。オペレーションユニットは、サージョンコックピットからの操作で実際に手術を行う装置である。今回は、熟練のロボット外科医がリモートのサージョンコックピットの3Dビューアーを見ながら、手術室にあるオペレーションユニットの各種装置を操作して執刀医を支援した。商用5Gによる2拠点間通信のバックエンドにNTTドコモのクラウドサービス「ドコモオープンイノベーションクラウド」「クラウドダイレクト」を利用することで、低遅延・高セキュリティーという5Gの特性を生かしているという。

手術支援ロボットを活用した遠隔手術支援のイメージ。遠隔地の熟練ロボット外科医が、手術室でローカルのサージョンコックピットを操作する執刀医を支援する(出所:神戸大学、NTTドコモ、メディカロイド)
[画像のクリックで拡大表示]

 神戸大学、NTTドコモ、メディカロイドは、内閣府の「地方大学・地域産業創生交付金事業」として採択された神戸市の「神戸未来医療構想」の枠組みの中で、ICCRCおよびMeDIP内に遠隔ロボット手術の実現を目指す産学官連携の実証実験施設「プレシジョン・テレサージェリーセンター」を2021年2月に設置している。今回の実験は同センターにおいて、遠隔ロボット手術の前段階となる「遠隔ロボット手術支援」の技術的な課題を洗い出す目的で実施された。