[画像のクリックで拡大表示]
右がYOUIの原口唯代表取締役、左が採用された梶原慶子氏(写真:YOUI)

 ソーシャルビジネスの企画運営などを行うスタートアップ、YOUI(福岡市)は、「国家戦略特別区域における国家公務員の退職手当の特例」を活用して公務員を採用したと発表した。福岡市によると全国初の事例だという。
 
 この特例は、国家戦略特別区域内に本社を置く設立5年以内のスタートアップ企業を対象とするもの。認定を受けた企業に国家公務員が転職し、3年以内に復職した場合、退職手当を算定する際に転職前の在職期間を引き継ぐ。官民の人材交流、企業の人材確保を支援する狙いだ。福岡市は「グローバル創業・雇用創出特区」で、市の条例により福岡市職員に同様の特例を設けている。2017年5月に会社を設立したYOUIは、福岡市から特例を使える企業として認定を受けている。

 採用した梶原慶子氏について、YOUIの原口唯代表取締役は「これまで福岡市役所で15年間、福祉・人権から観光・物流、下水道など様々な部署での仕事の経験を生かしてコンサルタントとして行政と企業・NPOなど様々な関係者が多いプロジェクトの調整や進行を務めていただく予定」とコメントした。給与水準は、今年度は福利厚生面を除いて市役所時代とほぼ同等だという。

この記事のURL https://project.nikkeibp.co.jp/atclppp/PPP/news/042501138/