国土交通省は2022年3月29日、3D(3次元)都市モデル整備プロジェクト「Project PLATEAU」の2022年度テーマとして「データ整備の効率化・高度化」「先進的なユースケース開発」「データ・カバレッジの拡大」の3つを発表した。

 このうちデータ整備の効率化・高度化は、標準化団体Open Geospatial Consortium(OGC)が策定した3D都市モデル「OGC CityGML 2.0」に基づいた日本ローカライズ版の3D都市モデル「PLATEAU標準」を拡張し、取り扱える対象(オブジェクト)を増やすことで、より精緻な3D都市モデルの実現を目指す。さらに、3D都市モデルを効率的に整備するための測量マニュアルの改善・普及、3D都市モデルと都市計画GIS(地図情報システム)の互換性を確保する都市計画GIS標準仕様を検討する。自治体のデータ整備拡大を後押しするために、AI(人工知能)を活用して「建物の外観がある程度詳細に描かれる3D都市モデル(レベル2の詳細度、LOD2)」の自動生成ツールの開発とそのオープンソース化にも取り組む。

Project PLATEAUが2022年度に展開する主な活動(出所:国土交通省)
Project PLATEAUが2022年度に展開する主な活動(出所:国土交通省)
[画像のクリックで拡大表示]

 先進的なユースケース開発については、前年度から引き続いて、先進技術を活用した3D都市モデルのユースケースを開発し、ベストプラクティスの創出と横展開を図る。現時点では、社会課題解決型(防災・防犯、環境・エネルギー、都市計画・まちづくり)の25件、民間サービス創出型(都市計画・まちづくり、地域活性化・観光・コンテンツ、モビリティー・ロボティクス)の16件のユースケース開発が進行している(関連記事)。

 データ・カバレッジの拡大では「都市空間情報デジタル基盤構築支援事業」で地方自治体における3D都市モデルの整備・活用・オープンデータ化を支援するとともに、3D都市モデルのオープンデータ化を推進するための法律面の論点を整理して、3D都市モデルの社会実装を推進する。また、官民の多様なプレーヤーによるオープンイノベーションを創出するために、3D都市モデルを可視化するウェブアプリケーション「PLATEAU VIEW」の機能強化、Unityなどのゲームエンジンで3D都市モデルを利用するためのSDK(ソフトウエア開発キット)の開発、技術チュートリアルの充実とハッカソンの開催に取り組んでいく。

 3D都市モデルは、現実の都市を3Dサイバー空間に再現したもの。地形や建物の高さを反映した3D地図には建築物の名称や高さなどの属性情報が付加されており、都市計画立案の高度化や都市活動のシミュレーションなどでの利用が期待されている。