福島県郡山市は、市の中心部にある開成山公園の西側エリアと隣接する3つの街区公園について、公募設置管理制度(Park-PFI)を活用した再整備事業者を公募する。応募者は7月4日までに所定の参加意思表明書などを提出し、参加資格の確認を受けた後、7月19日から8月12日の期間に所定の事業参加申請書、公募設置等計画、管理運営に係る計画書など提案に必要な書類を提出する。

事業範囲(出所:郡山市)
事業範囲(出所:郡山市)
[画像のクリックで拡大表示]

 これらを基に書類による第1次審査を経て、10月中旬に第2次審査のプレゼンテーションを実施する。書類審査では、トライアル・サウンディング(2020年10月実施)、マーケットサウンディング調査(2022年1月実施)への参加実績がある場合はそれぞれ5点、3点を加点する。市では公募に先立ち、5月12日に公募説明会と現地説明会を実施する。参加申し込みは5月11日まで。

 開成山公園は、JR郡山駅から西に約3kmの場所にある。郡山市役所からは約100mの距離で、市の中心部に位置する。日本の歴史公園100選に選ばれたほか、開成山公園、園内の約1300本の桜、五十鈴湖が日本遺産の構成文化財にも認定されている歴史ある公園だ。再整備にあたっては、歴史的価値を保存するとともに、桜や五十鈴湖の保全に努め、景観に調和した整備を行う必要がある。

 公募範囲は、公園西側(11万9900m2)と隣接する水・緑公園、開拓公園、開成二丁目公園の3つの街区公園(計9000m2)も含めた計約12万8900m2が事業範囲となる。開成山公園の西側エリアには、五十鈴湖を中心として野外音楽堂、バラ園、自由広場、児童広場などがある。運動施設がある公園東側は対象外だ。事業期間は、Park-PFIに関する基本協定書を締結予定の2022年11月から2043年3月31日まで。供用開始は2024年4月を予定し、指定管理期間は2024年4月1日から2043年3月31日まで。指定管理料は、19年間で14億4160万4000円を上限とする。これらを踏まえて、応募者は公募設置等計画と管理運営にかかる事業計画を提案する。

 市は、再整備にあたって目指すべき姿を「郡山の『未来を切り拓く』セントラルパーク~課題解決と未来への再整備』と設定し、対象区域を整備の方向性に合わせて東西南北の4つにゾーニング。バラ園を含む東側を「自然とのふれあい」、自由広場や野外音楽堂などがある西側を「にぎわいとやすらぎ」、児童遊園などがある南側を「こどもと健康」、桜の木や歴史にちなんだモニュメントがある北側を「全世代対応型」とした。また、郡山市では、「開成山公園等の目指すべき姿」として「SDGsの実現」を掲げており、今回の事業では整備エリアごとにSDGsに関する「期待する効果」が設定されている。

エリアごとにSDGsのゴールが示されている(出所:郡山市)
エリアごとにSDGsのゴールが示されている(出所:郡山市)
[画像のクリックで拡大表示]
事業スキーム(出所:郡山市)
事業スキーム(出所:郡山市)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の事業は、これら諸条件を踏まえて、Park-PFI業務として特定公園施設の整備と、公募対象公園施設・利便増進施設(任意)の整備と管理運営、および指定管理業務として、事業対象区域全体の特定公園施設と既存の公園施設の管理運営を行うという内容だ。なお、公募対象公園施設と特定公園施設の整備を必須としているのは開成山公園だけで、隣接する3つの街区公園については任意となっている。公募対象公園施設を整備する場合は、付随して特定公園施設も整備する。

 開成山公園では、必須の特定公園施設として、既存の自由広場を様々なイベントに活用しやすい芝生広場に再整備するほか、野外音楽堂とバラ園の改修、駐車場の拡充を行い、五十鈴湖について、湖にかかる橋のライトアップ設備、水質改善のための井戸、水上デッキ、湖を周回するランニングコースなどを新設する。このほか園路の整備や公園内各所のトイレの改修と新設、公園灯の新設なども必須となる。

 これらの特定公園施設は、事業者が整備後、市に譲渡し、市は整備費用の一部を支払う。整備費用の目安は、開成山公園が7億149万8000円。このうち市が負担するのは9割以内で、6億3134万円8200円が上限となる。3つの街区公園は計678万円と想定しているが、提案は任意であるため、全額が事業者の負担となる。

 公募対象公園施設は、開成山公園で1施設以上の提案が必須で、それ以上の施設と3つの街区公園における提案は任意とする。事業者が支払う公園使用料は、開成山公園が2000円/m2・年。そのほかの公園の使用料などだ。

変更履歴
初出時、記事中「63億3134万円8200円が上限となる」とあった市の負担金額は、正しくは「6億3134万円8200円」です。お詫びして訂正します。記事は修正済みです。 [2022/5/11 11:00]