日立製作所(以下、日立)、積水ハウス、一般社団法人企業間情報連携推進コンソーシアム(以下、NEXCHAIN)の3者は、大阪市水道局の協力の下、賃貸契約と水道使用開始手続きをワンストップで行う実証実験を5月20日に開始した、実験期間は6月30日まで。

賃貸契約と水道使用開始手続きのワンストップ化のしくみ(資料:日立製作所)
賃貸契約と水道使用開始手続きのワンストップ化のしくみ(資料:日立製作所)
[画像のクリックで拡大表示]

 対象は大阪市内にある積水ハウスの賃貸物件。物件の賃貸借契約時に賃貸入居申込サイト(ShaMaison room Web)から必要な情報を登録することで、併せて水道使用開始手続きもできるようにして利用者の利便性を高める。実証実験では、ブロックチェーン技術を活用した官民データ連携についての検証を行うほか、水道の使用開始手続きの業務効率化(従来の市水道局コールセンターへの電話申し込みからウェブ申請への移行による効率化)についての効果検証も行う。ワンストップ手続きの手順は以下の通り。

  1. 積水ハウスが提供する大阪市内の賃貸物件に入居する住民に対し、ウェブサイトでの入居申込の際、氏名・住所などの情報を大阪市に連携してよいか同意を得る
  2. 同意を得られた場合、入居者の情報をNEXCHAINプラットフォーム経由で大阪市水道局に連携
  3. 大阪市水道局は、日立が実証実験用に開発した連携機能を通じて入居者の情報を取得し、水道の使用開始手続きを実施