小田急が開発した地域活性化SNS、秦野市で6月から実証実験

「いちのいち」によるコミュニケーションのイメージ。Webブラウザーやスマートフォンのアプリから利用できる (出所:小田急電鉄)